Lookerブログ:データの重要性

LookerはGoogle Cloudとひとつに

Frank Bien / Looker CEO

2020年2月12日

Google Cloudは本日、Lookerの買収が完了したことを発表しました。Lookerとその従業員、お客様、パートナーの皆様にとって、新しい歴史が始まる記念すべき日です。

Lookerは、Google Cloudの一員となることをうれしく思います。これまでの4年間におよぶGoogle Cloudとの有意義なパートナーシップを通じて、両社の文化的な共通点や技術面での相乗効果を深く理解することができました。Google Cloudは、より優れたリーチをもたらすとともに、Lookerのリソースを強化します。また、分析とクラウドインフラストラクチャの両方についてトップレベルの技術を統合することで、お客様やパートナーの皆様にとって明るい未来を築きます。7年前にLookerが掲げた使命は今日、大きな一歩を踏み出すことになります。

マルチクラウドを導入し、お客様やパートナー様に最高のサポートとリソースを提供するという、Lookerの長期的なコミットメントをさらに強化していきたいと考えています。Lookerのお客様は引き続き、Amazon Redshift、Azure SQL、Snowflake、Oracle、Microsoft SQL Server、Teradataなどお好きなクラウドデータ管理システムを選ぶことができます。また、パートナー各社との関係はこれまで通り継続される予定です。最後に、高い評価をいただいているLookerのサポートチームは、これまでと同様に質の高いチャットによるサポートを提供するだけでなく、Google Cloudチームによるリソースの増強とグローバルな拠点という新たな強みを得ることになります。

今後数か月にわたり、製品統合の計画について、より詳しい情報を提供してまいります。これまでLookerを支えてくださった2,000社以上のお客様と160社以上の世界のパートナー各社にお礼を申し上げます。これからも、ともに刺激的な仕事を手掛けていくことを楽しみにしております。

次へ 前へ

登録して最新の記事を受け取る

最新の記事