ビジネスインテリジェンスツールとは?

ビジネスインテリジェンス(BI)ツールは、企業がローデータを収集、統合、理解するためのツールです。BIツールを活用することで、企業は自社のデータを詳細に分析し、経営陣から社員にいたるまで意思決定の質を向上させることができます。

Lookerは、高い評価を得ているBI&レポーティングツールの機能やレビューを紹介するBIガイドを作成しました。お客様の企業にはどのようなビジネス分析が必要なのか。その最適な決断を下すために、ぜひお役立てください。

BIツールがもたらすメリット

ビジネスインテリジェンス レポーティング&データ分析ツールは、企業にさまざまなメリットをもたらします。

  • より優れた意思決定
  • スピーディーで正確なレポーティング
  • 業務効率の向上
  • 新しい収益の機会を発見
  • 高度な視点から業務効率を把握
  • 社内の意思決定とプロセスを合理化
  • 改善すべき分野を正確に特定
  • その他

ビジネスインテリジェンスツールの主な特長

ビジネスインテリジェンスは、分析ツールとレポーティングツールを複雑に組み合わせることにより、業務の効率化を支援します。ビジネスインテリジェンスソフトウェアの導入をお考えなら、以下のような特長をまず知っておきましょう。

リアルタイムのデータ

要求されたデータを確実に提供。すべてのユーザーが、信頼できる最新のデータにアクセス。詳細なドリルダウン、より多くのデータを簡単に共有。新しいデータを取り込み、分単位で得られるデータに基づいて重要な意思決定を行うことができます。

データビジュアリゼーション

ビジネスインテリジェンスソフトウェアの目的は、データをできる限り分かりやすくすること。BI分析ソフトウェアには、データセットをチャートやグラフ、表に変換する美しいデータビジュアリゼーションが不可欠です。

セキュリティ

どのBIツールセットでも、すべてのユーザーが信頼できる唯一の情報源を利用する場合、データセキュリティとデータガバナンスが重要となります。ユーザーの安全性とプライバシーを重視したBIソフトウェアソリューションを選択して、ハッカーの攻撃や競合他社との競争に対抗しましょう。

レポート&ダッシュボード

BIのレポーティングツールとダッシュボードは、企業のローデータを取り込み、分かりやすいビジュアルに変換して、よりスムーズな意思決定をサポートします。優れたデータビジュアリゼーションを活用することで、時間を節約するとともに、重要な業務に専念することができます。

カスタマーサポート&技術サポート

機能についてご不明な点や、お急ぎのご質問がおありですか?どんなソフトウェアやツールでも、何らかのサポートが必要になることがあるものです。データ分析ソフトウェアプログラムを選ぶ時は、技術サポートやカスタマーサポートが確実に利用できるかどうか確認しましょう。

使いやすさ

社内の誰もがデータ分析に精通しているわけではありません。経営陣でもアカウントマネージャーでも、ソフトウェアが使いやすければそれを活用するチャンスも増え、結果として継続的に最新のインサイトが得られるようになります。

ビジネスインテリジェンス&
レポーティングツールの評価基準

企業の状況やニーズはそれぞれ異なります。ビジネスインテリジェンス&データ分析プラットフォームを評価する際は、企業規模や、長期および短期の目標を考慮しながら、適切なBIツールを選びましょう。

企業規模

小規模ビジネス&スタートアップ企業

起業家とそのチームにとって、時間とリソースの確保はとても重要な問題です。拡張性と柔軟性を備え、企業とビジネス環境の変化や成長に対応するBIソリューションを選びましょう。

中規模ビジネス

ビジネスの成長に伴い、効率的で整理されたデータのワークフローを維持することが重要になってきます。社内のビジネスユーザー、アナリスト、開発者のニーズを満たすと同時に、インタラクティブなビジュアルのダッシュボードとレポートを使って分析をスピードアップすることのできるビジネスインテリジェンスツールが必要となります。

エンタープライズビジネス

エンタープライズビジネスでは、幅広いソースから取得した膨大なデータセットを処理する必要があります。投資家からの質問に急いで回答しなければならない場合や、顧客の傾向を理解するため、またはビジネスユーザーやデータアナリストの生産性を拡張するためなど、どんな状況でも社員がすぐに対応できるようなビジネスインテリジェンスプラットフォームを選びましょう。

インフラストラクチャ&アーキテクチャ

技術は刻々と変化しています。その変化に素早く対応しましょう。高速でスケーラブル、そして常に新しい機能や技術を積極的に取り込んでいるデータプラットフォームがおすすめです。

セルフサービス分析

ツールのトレンドは、アクセスのしやすさから、ユーザー間のコラボレーションを促すものへと変わってきています。セルフサービスBIを可能にするソフトウェアを探しましょう。また、必要に応じてデータや分析を引き出せるアドホッククエリ機能も必要です。

インテグレーション&コネクティビティ

初めてBIを導入する場合でも、またはこれまでに他のソフトウェアを使用したことがある場合でも、すでに構築されたデータベースやアプリケーションが社内にあるかもしれません。このような場合、現在および将来のデータセットを統合する機能を持つBIソフトウェアなら、時間と労力を節約し、既存のビジネスのワークフローへ素早く移行することができます。

アドバンスドアナリティクス

ビジネスの成長において、予測分析、データマイニング、セマンティック分析、テキスト分析の機能は非常に重要です。企業のデータをマイニングし、その情報を成長予測や懸念事項への対応、改善の機会の発見に活用できるBIソフトウェアおよびツールの導入を検討しましょう。

ホワイトラベリング/OEM

ビジネスインテリジェンスソフトウェアをOEM供給することができれば、企業にとって大きなチャンスとなります。BIはただのツールに過ぎません。それをいかに活用するかはお客様次第。積極的に展開しましょう。

組み込み型アナリティクス

組み込み型アナリティクスはすべてのBIプログラムにおいて不可欠なものです。この強力なツールは、現在お使いのシステムで運用することができ、既存のシステムとシームレスに統合して、企業データの管理をサポートします。

スケジューリング&アラート

たくさんのBIレポートをひたすらクリックして変更点をチェックする。そんな無駄な作業は必要ありません。アラートやアクションを自動化してインサイトを操作でき、基礎となるデータや事業活動に変更が生じた際に通知してくれるBIツールを選択しましょう。

BIソフトウェアの評価について、目標の設定や確認すべき点など詳しい情報をお探しの方は、「No-Nonsense Buyer's Guide to BI」をダウンロードしてご覧ください。

BIソフトウェア比較ツール&レポート

製品を比較し、お客様にとって最適なツールを選ぶ際の参考として、実際に使用されたお客様や業界の専門家による評価やレビューなど、信頼できるリソースの情報を下記にまとめました。

ガートナー:アナリティクスおよび
BIプラットフォーム

ガートナー社はビジネスインテリジェンスに関するレポートを定期的に発行しています。同社の公平な分析を厳密に調べれば、プラットフォームのビジネスインテリジェンス比較についてより詳しいことが分かります。基準には、重要な機能、その分野のリーダー、BIベンダーの能力などが含まれます。

詳細はこちら

Forrester Waveレポート

Forrester社ではビジネス分析に焦点を当てており、人工知能からブランド設定、クラウドコンピューティング、ビジネスインテリジェンスにいたるまであらゆるレポートを作成しています。これらのレポートは、BI企業と当分野の発展に関する詳細な見解を提供します。

詳細はこちら

G2クラウドグリッドレポート

G2は、人材派遣会社、司法サービスプロバイダー、サイバーセキュリティ企業、BIインテリジェンスプロバイダーなどを含む幅広い分野のビジネス機能に関して、消費者の視点を重視したレビューを提供しています。

レポートをダウンロード

BARCのBIに関するアンケート

BARCのBIに関するアンケートは、ビジネスインテリジェンス(BI)ソフトウェアユーザーに関する世界最大規模の最も包括的なアンケートです。36ものBIソリューションについて、世界95か国、3,000名を超える回答者から得られたフィードバックを提供します。

レポートをダウンロード

人気のビジネスインテリジェンスツールを比較

最適なBIツールを選ぶため、レビュー、公正なレポート、ビジネスウェブサイト、料金などをチェックした後は、人気のビジネスインテリジェンスツールとその機能をLookerと比較してみましょう。Lookerの良さがきっとお分かりいただけるはずです。

Tableau vs Looker

Tableauは、抽出したインメモリデータのビジュアル分析を重視した設計になっていますが、この場合、時間の経過とともに管理が難しくなります。一方、一元化されたLookerのアジャイルモデリングレイヤーは、すべてのユーザーがデータを分析し、その結果について協力しながら作業できる、信頼できる環境を提供します。Lookerのモデリングレイヤーは基盤となるデータベースからデータを抽出しないため、メンテナンスや拡張も容易にできます。

TableauとLookerを比較

Power BI vs Looker

Power BIは使いやすい反面、ダッシュボードの作成や共有の機能が限られています。また、MicrosoftのAzureクラウドでのみ実装可能なため、将来的な選択肢が狭まります。Lookerのフレキシブルなマルチクラウド構造は、最新式のクラウドおよびオンプレミスSQLデータベースにとって理想的なソリューションといえるでしょう。

Power BIとLookerを比較

Sisense vs Looker

Sisense独自のインメモリElastiCubeアーキテクチャは、高い技術を持つ技術者による多くのメンテナンスを必要とします。Sisenseでは、拡張するには次々とElastiCubesを増やさなければならないため、時間が経つにつれて運用はかなり煩雑になります。一方、一元化されたLookerのモデリングレイヤーはビジネスルールを一か所で定義し、すべてのユーザーやダウンストリームプロセスからアクセスが可能です。

SisenseとLookerを比較

MicroStrategy vs Looker

MicroStrategyの一元化されたセマンティックレイヤーは実装が複雑なため、多くの場合、高度な技術を持つIT担当者による作業が必要となります。また、セマンティックレイヤーを変更できるのは一度に一人の開発者のみ。このため、エンドユーザー側でボトルネックとなり、アジリティが損なわれます。同じく一元化されたLookerのモデリングレイヤーであるLookMLは、SQLをベースとしているため、より多くのユーザーが利用でき、Gitバージョン管理環境での共同作業を可能にします。

MicroStrategyとLookerを比較

Lookerを選ぶ理由

Lookerはビジネスでの利用を意識して開発されています。データアナリストから経営陣、プログラムマネージャーから各部門の責任者まで、すべてのユーザーに正確かつ信頼できる分析機能を提供します。Lookerは最新のデータプラットフォームとして一から構築されており、ただデータを分析するだけでなく、最新技術をシームレスに取り込み、お客様のビジネスの向上をサポートします。最も必要な時にすぐデータを分析できるLookerをぜひお試しください。

  • 指標の定義や変更が簡単に。指標を変更すると、LookerのBIツールがすべてのレポートやダッシュボードの情報を更新するため、常に最新の情報を保持することができます。
  • レポートと社内のコミュニケーションを効率化。
  • LookerのAPIを使えば、SlackやGoogleシートなどのアプリにレポートを配信できます。
  • データの力を利用し、社内全体でデータの使用を促進。
  • データを自由に、簡単に探索。
  • Looker独自のモデリング言語を使用して、社内のすべてのユーザーがすべてのデータにアクセスできる環境を構築することができます。
  • 美しく、意味のあるビジュアリゼーションでデータを処理。
  • ニーズに合わせてダッシュボードをカスタマイズ。
  • データブロックで情報にアクセスし、分析を加速。
  • 効率の良い、あまり構造化されていないデータベースにデータを保存。

Lookerの特長について詳しくはこちらをご覧ください。

新興企業から大企業まで、あらゆる企業がよりデータドリブンな組織へと移行しつつあります。ますます競争が激化する市場において成功を収めるには、情報に基づいた素早い意思決定を支援するリアルタイムのデータが必要となります。そこで、ビジネスインテリジェンスツールが役に立ちます。

データを取り込み、実行可能なインサイトに変換しませんか。BIソフトウェアのパワーをより優れた意思決定に活用し、他社に差をつけましょう。

Lookerについて

無料トライアルをお試しください

Lookerの無料トライアルで、データが持つ真の価値を引き出しましょう。

デモのリクエストはこちら