How is Looker different than Tableau?

現在Tableauを使用している方は、Lookerを使用することでデータを視覚化してダッシュボードを作成する以上のことが実現できます。Lookerはユーザー向けに新しい革新的なデータエクスペリエンスを作り出し、重要なワークフローにデータを組み込むことができます。

信頼のおけるデータモデルが、Lookerのデータプラットフォームを支援して、あらゆる組織に向けた主要なビジネスルールと指標、さらに詳細なユーザー権限を一貫して定義します。お客様からは、Lookerの柔軟かつパワフルな基盤が、社内外の顧客に実用的なインサイトを提供するための重要なカギになっているという声が寄せられています。

当社のソリューションをTableauと比較したお客様からは、Lookerのプラットフォームから得られる次のメリットに関する声が多く寄せられました。

デスクトップソフトウェアが不要

クラウド向けに最適化されている

信頼性の高いデータモデル

APIに対応したデータエクスペリエンス

製品内から利用できる最新のライブサポート

デスクトップソフトウェアが不要

Lookerは100%ブラウザベースであるため、デスクトップクライアントソフトウェアのインストールや保守は必要ありません。Lookerの直感的に使える最新のウェブベースのデザインが、リンクを使ったコンテンツの共有を可能にするため、コラボレーションがスムーズにできます。

すべてのユーザーが一貫したプラットフォームのエクスペリエンスを得られます。たとえば、あるデスクトップツール(Tableau Desktopなど)から別のツール(Tableau Prep Builderなど)に移動して、その後ウェブに移動しなくても作業を完了することができます。

クラウド向けに最適化されている

Lookerのアーキテクチャでは、最新のクラウドデータベースのネイティブなスケーラビリティとパフォーマンスを活用しています。ほとんどの競合他社とは異なり、Lookerでは、ユーザーからの質問を予測しなければならない旧式のデータ抽出や独自のメモリ内アーキテクチャに依存しません。

Lookerのデータベース内アーキテクチャにより、Tableauを展開する際によくある重複した、もはや使用できない可能性のあるデータ抽出の拡散が解消されます。データパイプラインで不必要なオーバーヘッドや、新たな障害点が発生することはもうありません。また、別のベンダーのデータベースやユーザーのデバイスにデータを複製することで生じるセキュリティ上のリスクも回避できます。

Lookerのマルチクラウド機能が、貴社のデータ戦略を将来にわたって保証します。エンドユーザーにダウンストリームで影響を与えることなく、Lookerを展開する場所や使用する基盤となるクラウドデータベースを簡単に変更できます。

信頼性の高いデータモデル

Tableauとは異なり、Lookerのプラットフォームは、ガバナンスとセルフサービスの完璧なバランスを実現するように独自の設計がなされています。あらゆる技術レベルのユーザーが、一元化された信頼できるデータと分析コンテンツを使用して探索することができます。

SQLに詳しい高度なビジネスアナリストなら、Lookerのgitバージョン管理されたデータモデルに寄与し、組織のビジネスルールを定義したり維持したりすることができます。

技術にあまり詳しくないビジネスユーザーなら、最も関連性の高い精選されたコンテンツと、対応するワークフローに簡単にアクセスして利用することができます。

Lookerのビジネスロジック層は、基礎となるデータから分離されており、すべてのダウンストリームコンテンツで共有されます。これにより、ビジネスルールが進化し、時間とともに変化するのに合わせて、データモデルを即時に変更し、ダウンストリームでの更新も即時に伝播できるようになります。

APIに対応したデータエクスペリエンス

Lookerのプラットフォームは幅広い使用事例に対応しており、多様なユーザー層のニーズを満たします。Tableauなどの競合製品は、これらの分野において不十分なことがよくあります。

Lookerを使用することで、お客様は基礎的なBIの枠を超え、既存のビジネスプロセスを強化する充実した革新的なデータエクスペリエンスを作り出すことができます。インサイトは、ユーザーが毎日使用するアプリケーションに直接コンテキストとともに届けられます。

Lookerは、当社のクラス最高のAPI、SDK、および開発者ツールを通じて、事前に構築済みの詳細な統合またはカスタムインテグレーションを使用します。ワークフローにデータを投入する新たな機会を組織にもたらし、既存のシステムとプロセスを刷新する無限の可能性が広がります。

また、お客様は、Lookerのプラットフォームを使用して、独自のカスタム エンドツーエンド アプリケーションを構築して展開することもできます。あるいはウェブ分析、マーケティング分析、セールス分析といったLookerの事前構築済みアプリケーションを使って、迅速なTime to valueを実現できます。

製品内から利用できる最新のライブサポート

サポートという点において、LookerはTableauや競合他社とは大きく異なるため、当社では独自の名前で呼んでいます。DCL、Department of Customer Love(カスタマーケア部門)というのがその名称です。

Lookerでは、お客様からのフィードバックと関係性の構築を特に重要だと考えます。回答を得るまで数日かかるテクニカルサポートでお客様を待たせるのではなく、問題の解決を真摯に受け止める担当者におつなぎします。

Lookerのお客様は、プラットフォームから離れることなく製品内からDCLにアクセスして、特定の機能に関するサポートが必要な場合や製品について質問がある時には、いつでもライブチャットを利用することができます。

Lookerのサポートは、最も価値のあるサービスのひとつとして、常に高い評価をいただいています。

その他のツールとの比較

Tableauだけでなく他のBIツールとの違いを比べてみてください。

Gartner:アナリティクスおよびBIプラットフォーム

Gartner社は、ビジネスインテリジェンスに関するレポートを定期的に発行しています。同社の公平な分析を厳密に調べれば、プラットフォームのビジネスインテリジェンス比較についてより詳しいことが分かります。基準には、重要な機能、その分野のリーダー、BIベンダーの能力などが含まれます。

詳細はこちら

Forrester Waveレポート

Forrester社ではビジネス分析に焦点を当てており、人工知能からブランド設定、クラウドコンピューティング、ビジネスインテリジェンスにいたるまであらゆるレポートを作成しています。これらのレポートは、BI企業と当分野の発展に関する詳細な見解を提供します。

詳細はこちら

G2クラウドグリッドレポート

G2は、人材派遣会社、司法サービスプロバイダー、サイバーセキュリティ企業、BIインテリジェンスプロバイダーなどを含む幅広い分野のビジネス機能に関して、消費者の視点を重視したレビューを提供しています。

レポートをダウンロード

BARCのBIに関するアンケート

BARCのBIに関するアンケートは、ビジネスインテリジェンス(BI)ソフトウェアユーザーに関する世界最大規模の最も包括的なアンケートです。36ものBIソリューションについて、世界95か国、3,000名を超える回答者から得られたフィードバックを提供します。

レポートをダウンロード