「誰でも1日に1回はLookerを開いていると思います。これはCEOレベルから入社して1日目の社員まで、あらゆる従業員に当てはまるでしょう。」

Krishna Nandakumar

スペシャルプロジェクト開発



Deliverooではオンラインソフトウェア プラットフォームで注文を受け、環境にやさしい自転車やスクーターを使ってお客様に温かい食事をお届けしています。お客様の郵便番号内で利用可能なレストランに注目し、超地域密着型のサービスで配達時間を最小限に抑えています。

Deliverooが市場で成功したのは、これまで通りなら出前はしなかったであろうレストランに新しい収入の機会を作り出し、同時に熱心なお客様に対して家庭やオフィスでの食事の選択肢を増やしたところにあります。

急成長に合わせてスケールアップ

Deliverooでは、データはただ単に会社の経営に役立つものではありません。ある意味、会社そのものと言えます。

Deliverooは、自社のビジネスをテクノロジーを駆使して成立するものと考えており、シリコンバレーの一流ベンチャーキャピタルから出資を受けています。「この会社で行われていることすべての根幹にデータがあります。」と話すのはビジネスインテリジェンス部門リーダーのWill Sprunt氏。「ビジネスのパフォーマンスを理解し、コントロールすることは当社の成長に絶対に欠かせません。」

Deliverooが最初に採用したBIツールは、創業時には順調に機能していましたが、急速なビジネスの拡張に合わせてスケールアップするようには設計されていませんでした。会社をレベルアップするうえで役立つセキュリティ、ユーザー管理、自動化の機能を備えていなかったのです。技術スタッフが要求されたレポートごとにSQLを記述するまで待たなければならず、ビジネスユーザーは素早い意思決定を行えませんでした。

Deliverooは速やかに、そして未来に向けて新しい成長のフェーズに進めるよう、堅牢で柔軟性に優れた新しいプラットフォームを探すことになりました。

Lookerの大きなメリット

DeliverooがLookerを導入した後、その効果はすぐに現れました。全社内のビジネスユーザーが信頼のおけるデータにより簡単にアクセスできるようになったのです。「私たちが企業として業務を行う際に重要視しているのは、誰もが必要なデータにアクセスできる、ということです。」とWillは話します。セルフサービスのダッシュボードを使えば一度のクリックで必要なデータまでドリルダウンすることができ、Deliverooの従業員は素早く知見を深め、成長を次なる段階へと推し進められるようになっています。

会社中のビジネスユーザーが自分たちに最も良い方法でデータを利用できるようになるにつれ、その質問もより洗練されてきました。Willは次のように話します。「全員がよりスマートな質問をするようになりました。『昨日は何があった?』というようなとても単純な質問をするのではなく、『昨日はこんなことが起こるのを見た。この辺りのことに違いありません。これは私たちが理解しておくべき指標だと思う。こことあそこのデータを分析してみては?』と聞くようになったのです。つまり、私たちは会社としてレベルアップしているのです。」

ケーススタディ全文を読む →


  • 業界をリードする、データに基づいたオンライン宅配プラットフォーム
  • データのボトルネックを緩和し、加速する成長に合わせて調整できる新しいソリューションの必要性
  • LookerとSnowflakeで1000名以上の従業員が必要なデータにアクセス:よりスマートな意思決定が可能に
  • データの中から新しいビジネスチャンスを発見

マーケットプレイス向けで活躍するLooker

マーケットプレイスは様々なプロフィールを持つ多様なお客様と関わり、サポートする必要がある、という独特の問題に直面しています。最終的にはすべての人が同じ情報を閲覧し、データはそれぞれ特化した役割に役立つ視点から分析されます。Lookerならより深く分析し、データをより有意義に活用することが簡単になります。

アナリティクスを快適に

ビジネスインテリジェンス、ビッグデータ分析、顧客の360°ビュー。
Lookerはお客様のどんなニーズにもお応えします。
当社のデータエキスパートにぜひご相談ください。

デモをリクエスト