Looker + DonorsChoose.org - 今日の教育機関のための募金活動を分析 非営利団体の募金活動を分析:DonorsChoose.org | Looker

学校に貢献する

DonorsChoose.orgが抱える問題

DonorsChoose.orgは非営利団体として、経費を節約する必要がありましたが、チームはデータドリブンな意思決定が行えるリアルタイムの分析に迅速かつ手軽にアクセスする必要がありました。 組織が成長を遂げるなか、様々なソースからデータを効率よく抽出できる体制が整っていませんでした。

チームにはデータに関連するニーズが多くありましたが、同団体のデータサイエンティストの対応が追い付いていない状態でした。

明らかな結果

Lookerを活用することで、DonorsChoose.orgはデータを公表でき、データへのアクセスも簡単になりました。また、Lookerにより、複雑なパートナーシップの管理を容易にすることで、教育機関に貴重な教材類を届けることもスムーズになったのです。

公表されているデータはこちら

リアルタイムのインサイト

65%

手書きの感謝状を受け取った寄贈者が生涯に寄付をする割合が増加。

時間を有効に活用

400時間

手作業による複雑なレポーティングを排除することで年間節約できた時間。

Lookerの活用で DonorsChoose.org が発見したこと

生徒達が何を一番求めているのか

貧困率の内訳
(学校別)

80%

のプロジェクが低所得層区域にある学校を支援しました。

大都市圏の内訳
(プロジェクト別)

56%

のプロジェクトが都市圏を支援しました。

リクエストの件数

292,000

クラスルーム用教材の寄付

227,000

テクノロジー関連の寄付

163,000

本の寄付

11,500

遠足への寄付

教育の傾向を 知る。

識字率の向上は米国全土におけるNo.1の優先事項です。

社会的インパクトを 与える。

2015~2016年度

が158,787のクラスルームプロジェクトに寄付されました。

74%

の公立学校がDonorsChoose.orgにプロジェクトを投稿しました。

94%

の教師が、プロジェクトへの寄付がクラスルームの成功を向上させると信じています。

初めて寄付する人は

平均58ドルを寄付しています

Lookerを問題解決にご利用ください。