「データは説得力を高めます。Lookerを使えば、データに裏付けられた事実をいとも簡単に会議やプレゼンテーションに取り込むことができます。まさにとても強力なツールです。」

Kevin Showkat氏

データアナリスト



データドリブンな文化を作る

Kickstarterは当初、社内の全チームがもっとデータにアクセスしやすい環境を作るツールとして、Lookerの導入を検討しました。Lookerの魅力は、社内のすべてのユーザーがデータのクエリ、ビジュアリゼーションの作成、そしてそれらをダッシュボードで組み合わせて活用できる点にありました。

Lookerを使い始めて少し経つと、新たな発見がありました。ダッシュボードを構築するLookerのDSL、LookMLとそのテンプレートフィルターは、ダッシュボードをほぼどんなデザインにもカスタマイズできる強力な機能だということが分かったのです。

Lookerなら、SQLやRが分からなくても、誰もが簡単にデータにアクセスし、データの取り込みや視覚化を実行できます。


  • Lookerが提供する、信頼できるひとつのデータソースを会社全体で共有
  • チームはよりデータドリブンかつアクティブにデータをワークフローに投入
  • データのより詳細な分析が可能なデータ探索機能を活用
  • チームごとにダッシュボードをカスタマイズし、専用のアナリティクスを提供

マーケットプレイス向けで活躍するLooker

マーケットプレイスは様々なプロフィールを持つ多様なお客様と関わり、サポートする必要がある、という独特の問題に直面しています。最終的にはすべての人が同じ情報を閲覧し、データはそれぞれ特化した役割に役立つ視点から分析されます。Lookerならより深く分析し、データをより有意義に活用することが簡単になります。