「Yahooは、あらゆるデータストアのフロントエンドとして
Lookerを使用しています。ビジネスユーザーは、1つのツールを開くだけで、
データのクエリを自ら実行できます。」

SURESH DUDDI氏

エンジニアリング担当副社長



すべてのユーザーがデータを分析できる環境を

Yahoo!では、1000人の従業員が業務に必要なデータを得るためにLookerを使用しています。

その一例として、Y!モバイルチームではLookerを用いてアプリの使用状況をリアルタイムで監視しています。さまざまな角度やデモグラフィック(人口統計学的属性)からデータを調べ、そのデータを元に必要に応じてアプリを改善することができます。

日々発生する数多くの質問に対して、データキューをいちいち確認することなく、ひとつのデータソースからすべての答えを導き出すことができます。誰もが同じデータを共有しているため、Yahooのチームはこれまで通りイノベーションに力を注ぎつつ、あらゆる作業でデータを活用しています。


  • Yahoo!では1000人の従業員が業務に必要なデータを得るためにLookerを使用
  • Y!モバイルチームはLookerを用いてアプリの使用状況をリアルタイムで監視
  • データにすぐアクセスできるため、アプリのパフォーマンスに関する処理、確認、改善が容易に
  • Lookerを使用することで誰もが簡単にデータを探し、必要な情報を見つけることが可能に
  • ダッシュボードをカスタマイズして、多角的な視点からデータを評価

IT業界で活躍するLooker

Lookerが信頼できる唯一のデータソースを提供することで、技術チームはデータを最大限に活用できるようになりました。Lookerを使って誰もがデータにアクセスできるようになり、ユーザー自身でデータを掘り下げ、答えを探せるようになりました。