ビジネスインテリジェンスとは

ビジネスインテリジェンスは、人々と技術の力を用いてデータを収集、分析します。分析されたデータは、組織における日々の戦略的な意思決定のプロセスに活用されます。

あらゆる部門でビジネスインテリジェンスを活用

企業全体としてのパフォーマンスと軌道を修正すること。それが、ビジネスインテリジェンスの役割です。データを分析すれば、セールス、カスタマーサービス、生産、セキュリティなど企業のほぼあらゆる部門の重要なトレンド、パターン、主要業績評価指標(KPI)を知ることができます。最新のビジネスインテリジェンスツールは、企業において何が起こったのか、またその理由やこれから何が起こるかを明らかにし、オペレーションをより効率的に最適化できるよう支援します。

セールスパフォーマンスの測定と追跡

ビジネスインテリジェンスは、カスタマージャーニーと販売機会に関するインサイトを提供します。そのインサイトをパフォーマンスの向上と新たなチャンスのある分野の特定に活かし、企業の成長を促します。

プロセスまたは業務の最適化

ビジネスインテリジェンスツールを使ってあらゆる分野の業務データを収集、活用し、インパクトのある主要業績評価指標(KPI)を設定します。このKPIを見れば、組織のパフォーマンスをより詳しく把握し、効率向上の機会を特定することができます。

利益を増やす方法の明確化

マーケティングプログラムの効果を最適化し、販売予測の精度を高め、最も有望な見込み客を特定。ビジネスインテリジェンスは行動につながるインサイトを提供し、収益の向上を促します。

ファイナンシャルプランニング、予算編成、財務予測

意思決定者は、ビジネスインテリジェンスを使用して企業の財務データの傾向を探り、データドリブンなROIの報告に基づいて効果的に予算を作成、要求することができます。その後、リソースを最適な場所に割り当てます。

新しい事業分野の機会の発見

ビジネスインテリジェンスを使ってあらゆるレベルに決定事項を浸透させれば、ビジネスの情勢の変化にも素早く対応できます。また、ビジネスインテリジェンスは新しい製品ラインの定義や、対象を絞ったマーケティングプランによる新規顧客の獲得、販売チャネルの最適化にも力を発揮します。

ビジネスインテリジェンスの使用例

適切なビジネスインテリジェンスプラットフォームを選ぶことで、データのより詳細な分析と効果的な活用が可能になります。先進的な企業は、ビジネスインテリジェンスの価値を十分に引き出して利用しています。その事例をいくつかご紹介します。

ビジネスインテリジェンスで成長を管理

スマートフォンのアクセサリーを扱うスタートアップ企業のPopSocketsは、ビジネスインテリジェンスプラットフォームで膨大な量のデータを管理および活用し、爆発的な成長を成し遂げました。

ビジネスインテリジェンスで意思決定を強化

家庭用ソーラーパネルの設置を行うSunrunは、幅広いソースからデータを収集するビジネスインテリジェンスの一元化されたデータプラットフォームの効率性を利用して主な指標を定義し、ビジネスの意思決定を強化しました。

ビジネスインテリジェンスで業務効率を改善

クラウドプラットフォームサービス(PaaS)大手のHerokuは、ビジネスインテリジェンスを利用して業務効率を改善し、最新アプリのデプロイ、管理、拡張を効率的に行っています。

ビジネスインテリジェンスの重要性

事実に基づいた迅速な意思決定を重視する企業は、ビジネスインテリジェンスの重要性も理解しています。ビジネスインテリジェンスはビジネスデータの重要なパターンや傾向を明らかにし、組織のプロセスや消費者の行動、社内の生産性について深い洞察をもたらします。この洞察は、意思決定とパフォーマンスを最適化するうえで不可欠です。

ビジネスインテリジェンスツールを評価する際は、貴社の長期的目標と短期的目標を定め、貴社にとってどの機能が最も重要か見極める必要があります。現在の課題と成功の定義が、明日も同じであるとは限りません。BIツールも、技術の変化に応じて組織とともに成長し、進化するものを選ぶとよいでしょう。

詳細はこちら

ビジネスインテリジェンスのデモをリクエスト

効果的なデータプラットフォームを構築する方法を、その目でお確かめください。

デモをリクエスト