クラウド分析とは?

クラウド分析とは、「クラウド」と呼ばれるプライベートまたはパブリックのリモートのコンピューティングリソースを使用して、オンデマンドでデータを分析することをいいます。クラウドコンピューティング分析は、インサイトの収集や統合、分析、提示といったビジネスインテリジェンスのプロセスを合理化し、ビジネスの意思決定を強化するうえで役立ちます。

クラウド分析のしくみ

クラウド分析は、クラウド分析プラットフォームで提供される高度なデータ分析ツールを使って、企業が膨大な量のデータを分析できるようにします。分析後は、その結果をレポートして保存し、繰り返し使用することができます。クラウド分析サービスは通常、サブスクリプション方式かデータ量またはクエリに応じた従量課金制です。クラウド分析により、ビジネスの意思決定に不可欠なインサイトをより早く獲得することが証明されています。

クラウド分析のメリット

クラウド分析には、分析結果の処理やレポーティングの効率化、コラボレーションの強化、意思決定者がよりスピーディにビジネスインテリジェンスにアクセスできるといったメリットがあります。

拡張性&アジリティ

ユーザー数とデータ量の拡張性は、クラウド分析の利点のひとつです。また、オンデマンドで新しい質問ができるアジリティの高さも、もうひとつのメリットです。クラウドコンピューティングでは、データストレージとデータ分析の機能を必要に応じて追加できるため、企業は、市場状況の変化を反映したインサイトをもとに、データの保存、処理、活用の枠を非常に効率よく拡張していくことができます。

統合型のデータアプローチ

クラウド分析では、統合型のデータアプローチが可能で、組織の意思決定者は、必要なビジネスデータに素早くアクセスすることができます。このアプローチは、異なるタイプやソースからのデータについても同じで、ユーザーはデータの探索、テスト、評価を迅速化し、組織の前進につながる戦略的なインサイトを見出すことができます。

データのサイロ化の解消

クラウド分析を利用すると、組織横断的なデータ統合を効率よく行うことができます。クラウド分析ソリューションにより組織各所のデータを活用すれば、毎日インサイトを得ることも可能です。そうしたインサイトは競争上の優位性となり、ビジネスの推進にもつながります。クラウド内で保存・分析されたデータを活かし、さまざまなタイプの従業員が素早くそれらにアクセスしてインサイトを共有することが可能です。その結果、コミュニケーションやコラボレーション、意思決定の効率化に役立ちます。

スピーディに答えを見つけてインサイトを入手

クラウド分析プラットフォームを使用すると、データをより効果的に統合できるだけでなく、スピーディに分析を行ってインテリジェントなインサイトを見出し、タイミングよく実行可能な決定を下すことができます。

コラボレーションを促進

クラウド分析プラットフォームでは、配信を受けるか必要に応じて、一元化された場所でデータや共有情報にアクセスすることができます。この接続の共有とスピーディなアクセスが、組織全体のコラボレーションを促進します。

データのセキュリティとガバナンスが向上

クラウドベースの分析プラットフォームは、データに対するひとつの安全なアクセスポイントとなります。また、誰がどのデータにアクセスできるのかといったアクセス制御がより綿密にできるほか、誰がどのデータにアクセスしたか監査して把握することも可能なため、データガバナンスが向上します。

詳細はこちら