データガバナンスとは?

データガバナンスとは、 企業が自らのデータを保護および管理するために用いる戦略と、それを実行する人々、技術のことをいいます。

エンタープライズのデータガバナンスとは、データの収集、統合、伝達、保存、管理に企業が用いる戦略のことを指します。この戦略によって、 カスタマーサービスオペレーション管理、サプライチェーンの機能といったビジネスに不可欠な活動が、より効果的かつ効率的に、そしてより安全でプライベートに行えるようになります。

データガバナンスの原理

包括的なデータガバナンスは、ビジネスの意思決定に使用するデータを、簡単にアクセス可能で信頼できる、安全なものにします。​​​​​​​

データの可用性

データガバナンスが十分に整備されていれば、所定のアクセス権を持ったユーザーらが統制されたデータを確実に利用できます。​​​​​​​

データ品質

効果的な意思決定を下すには、その拠り所となるデータの信頼性と正確さに疑念の余地があってはなりません。データガバナンスは、会社やその従業員によるデータの収集、整理、保存が、データの品質が守られる系統的かつ秩序立った手法で行われるよう徹底します。

データの完全性

データガバナンスを活用すれば、収集したデータがそのライフサイクル(プラットフォームの更新・変更時を含む)において変わらないようにすることができます。​​​​​​​

データセキュリティ

強力なデータガバナンス戦略を策定すれば、収集、保存、アクセス時に組織内外で適切な保護対策を講じられ、データを損失や誤用、盗難から守ることができます。そうした戦略は、データ品質の完全性を組織で使用できるレベルに保つとともに、説明責任と可監査性を保証します。

データガバナンスのメリット

データガバナンスを導入することで、データ資産を確実に保護し、権限のあるユーザーが必要に応じて利用できるようにするとともに、適用法へのコンプライアンスを確保することができます。 データガバナンスは、データ関連の意思決定に明確な方向性をもたせることで、次のような大きなメリットをもたらします。​​​​​​​

より優れた意思決定

十分に整理され保護されたデータは、信頼できるだけでなく、分析の効率が増して、より良い意思決定につながります。

効率アップ

データガバナンスは、データの品質を向上させられるため(それによってより効果的な意思決定も実現)、組織全体のワークフローが効率化されて、業務のパフォーマンスが高まります。

系統だって一元管理された場所でデータへのアクセスが可能に

データが一元管理されていると、セキュリティの強化やコンプライアンス基準を満たすことが容易になります。適切なデータガバナンスを導入すれば、系統だって一元管理された高品質データのリポジトリを活用できるほか、権限のあるすべてのユーザーがデータにアクセスできる体制を確立することもできます。​​​​​​​

セキュリティが向上

データセキュリティはどの企業にとっても不可欠です。データのプライバシーとセキュリティに対する需要は高まりつつあり、それと並行して、継続的にビジネス革新を行うためのデータアクセスについても需要が伸びています。データガバナンスを取り入れる、データを安全に保ち、プライバシー保護法に準拠したうえでデータに対する需要と供給の過不足をなくしていくことができます。

詳細はこちら