データプラットフォームとは

データプラットフォームとは、データベースに存在するデータの管理やアクセス、ユーザーやデータアプリケーション、またはその他の戦略的なビジネスの目的を持つテクノロジーへの配信を可能にする統合テクノロジーソリューションです。

データプラットフォームのメリット

データプラットフォームのメリットには、複数のソースからのデータをまとめて確認できることのほか、企業全体を通して適切な権限を持つユーザーがデータを利用できたり、データガバナンスが改善されるといった点が挙げられます。

可用性

データベースに直接接続されているデータプラットフォームを採用すれば、企業内の適切な権限を持つ従業員が、タイミングよく適切なデータに確実にアクセスできるようになり、大量のデータやデータ要求の処理に遅れが生じることもありません。

ガバナンス

データプラットフォームにより、企業はデータガバナンス戦略をより適切に管理できるようになります。これには、どういうデータを収集するのか、誰がデータにアクセスできるのか、GDPRなどのデータ保護およびプライバシー規制に従って、データがいつ「期限切れ」になるのか、といった事項を含めることができます。

セキュリティ

クラス最高のデータプラットフォームは、SSOなどの最新の認証ツールを用いて単一のアクセスポイントを提供し、ユーザーの認証を確実に実施します。こうすることで、プラットフォームを介してデータにアクセスする権限を持ったユーザーを簡単に追跡できます。

配信

データプラットフォームには、スケジュール用ダッシュボード、レポート、およびあらかじめ定義済みの条件に基づいた事前アラートを含めることができます。この機能は、ボトルネックを解消して、信頼できる正確なデータをタイミングよく権限のあるユーザーに提供するのに役立ちます。

APIは、データサイエンスやAI/MLワークフローなど、特殊なまたは高度な形式の分析を実行する他のツールにデータを供給します。APIを使用することで、Salesforceをはじめとする他のツールにダッシュボードやKPIを埋め込むこともできます。

一元化

単一または複数のデータベース内で一元管理されているデータにアクセスするデータプラットフォームなら、複数のソースからのデータをまとめることができるため、サイロ化した組織の橋渡し役となり、連携によるさらに効果的な意思決定を可能にします。

企業全体が部門を超えたデータに接続し、共有できるため、高度な分析タイプから顧客獲得にかかるコスト、生涯価値、クリック率(CTR)などの重要なビジネスメトリクスを理解できるようになります。

ベンダー管理

データプラットフォームにより、サプライヤ管理や戦略的な調達、ドキュメントの追跡、パフォーマンス指標の管理に必要となる冗長なソリューションが不要になるため、ベンダー管理を簡素化できます。

詳細はこちら

データプラットフォームの価値をご自身で確認してください

ビジネスの意思決定を強化するデータプラットフォームの詳細をご紹介します。

デモをリクエスト