データビジュアリゼーションとは

データソースの量と数が増えるにつれ、企業が収集・分析するデータを効果的に利用することは難しくなります。表やグラフ、地図、図など目に見える形でデータを表すデータビジュアリゼーションこそが、大量で複雑なデータの分析から洞察を導き、共有するカギとなります。データビジュアリゼーションツールを利用すれば、パターンや相違点、関係性の背景を理解し、データに隠された傾向やチャンスを簡単に割り出すことが可能です。

なぜデータビジュアリゼーションが重要なのか

データビジュアリゼーションは、データが貴社のビジネスにとってどんな意味を持つのかをより深く理解し、共有するのに役立つという点で重要と言えます。人間の脳は、視覚情報を文字情報よりも速く効率的に処理します。データビジュアリゼーションが実用的な意思決定のカギとなるのはこのためです。効果的なデータの視覚表示を作成することで物事の実態を素早く伝え、より早く行動を起こすことができます。そのほかにも、データビジュアリゼーションには以下のような利点があります:

傾向とパターンを簡単に見つける

スプレッドシートや文章を隅々まで読みとるよりも、視覚的なフォーマットで示されたデータからは傾向や外れ値を簡単に見つけることができます。

より素早く洞察サイトを導く

複雑なデータも、データビジュアリゼーションなら分かりやすくなります。傾向やパターンが容易に見つかるため、データ分析の複雑さも軽減され、より早く洞察に辿り着くことが可能です。Lookerのウェビナーでは、影響力のあるダッシュボードの作成方法をご説明します。有意義な洞察の探索にお役立てください。

洞察から戦略までの時間を短縮

データビジュアリゼーションは、企業がデータを理解し、データと問題点との相互関係を理解する一助となります。この理解によって根本的な原因をより効率的に発見し、問題を迅速に解決することができます。ビジネスに固有の課題をより効率的に解決するうえで、データから洞察を得ることは非常に有益です。

データをさまざまな視点から解釈する

データビジュアリゼーションを利用することで、データにまつわるストーリーが見えてきます。ストーリーを際立たせるには、適切なビジュアリゼーションを使用する必要があります。データビジュアリゼーションツールなら、数値の比較、内訳の表示、数値範囲の理解、傾向の解説、外れ値の発見、異なるデータ群との関連性など、目的に合わせたストーリーの説明に最適なグラフィック ビジュアリゼーションを選択することができます。

データビジュアリゼーションの種類

データから情報を伝えるデータビジュアリゼーション グラフィックにはたくさんの種類があり、そこから選ぶことができます。使用するデータビジュアリゼーションは人々のデータの理解に影響し、その理解をもとにした決定を左右します。ニーズに合わせた、より簡単で最適な表やグラフの選び方を学びましょう。以下は表やグラフの種類一覧です:

  • 面グラフ
  • 横棒グラフ
  • 箱ひげ図
  • バブルチャート
  • 縦棒グラフ
  • 柱状グラフ
  • ドーナツグラフ
  • 集合縦棒グラフ
  • ヒートマップ
  • 折れ線グラフ
  • 円グラフ
  • 散布図
  • 積み上げ横棒グラフ
  • 積み上げ縦棒グラフ
  • 積み上げパーセントグラフ

詳細はこちら

データビジュアリゼーションの実例を見る

ビジュアリゼーションでさらなる価値を生み出す方法について。

デモをリクエスト