ヘルスケア分析とは

ヘルスケア分析では、医療データを測定、管理および分析する技術やプロセスに重点を置いています。ヘルスケア分析を適切に使用することで、運用上の決定と臨床上の決定をより効果的かつ効率的に行うことができます。ヘルスケアデータ分析から得られる洞察の例は、運用および臨床を成功に導く推進力、医学的転帰、ヘルスケアの提供にかかるコスト、およびこれらのうちのどれが結果の向上に役立つのかなどについて、より良く理解するうえで役立ちます。

ヘルスケア分析のメリット

ヘルスケアにおいてビジネスを分析することは、組織が企業全体を通して、効率的かつ効果的により良い意思決定を推進するためにデータを分析する際に役に立ちます。ヘルスケア分析を使用することで、運用手順、プロセス、および患者ケアの改善に最も影響を与える要素に対して、より適切に直接リソースを割り当てることができます。

患者エクスペリエンスを向上

ヘルスケア産業を分析することで、患者ケアの質の向上により専念することができます。これらの分析は、ビジネスの運用と成果を改善するために、医療従事者やスタッフがプログラム強化についてより適切な意思決定を行うために有益です。ヘルスケアの分析により、データが実用的な情報へと変わり、患者エクスペリエンスに関連した豊富な情報に基づく意思決定が導き出されます。

市場シェアを獲得

市場シェアをより多く獲得するには、消費者が必要としているケアの種類とは何か、またヘルスケアの提供において最適化できるエリアはどこかを明らかにする必要があります。医療産業の分析は、拡張すべき分野、投資すべき専門サービス、最適化すべき現在のサービスについて、ヘルスケア提供者がより深く理解するうえで参考になります。

コストの最適化

ヘルスケア提供者はサプライチェーンを最適化することで、サービス提供にかかるコストにおいて戦略的な競争上の優位性を獲得できます。ヘルスケアにおけるデータ分析のメリットの1つに、サプライチェーンの合理化に役立つという点があります。在庫や供給経費、ベンダーに関するデータを提供するとともに、サプライチェーンの効率アップにつながる洞察も入手できます。

請求の効率をアップ

請求業務は医療産業のなかでも複雑な部門です。ヘルスケア分析は、複数の施設または複数のヘルスケア提供者にわたるプロセスと成果に関する深い洞察を提供できます。これらの洞察が不正請求や冗長な請求業務、重複した消耗品の注文などの逸脱を検出するため、損失を最小限に抑えることができます。

ヘルスケア分析における課題

ヘルスケア産業がヘルスケア分析を導入する際には、いくつかの課題があります。これらの課題には、HIPAA規制に準拠するために患者データを非公開で保護する必要性などが含まれます。適切なヘルスケア分析ソリューションを採用することで、ヘルスケアでビッグデータを活用する際に発生する以下の課題に対処できます。

プライバシー

医療機関は規制により、医療データの収集、使用および開示に関して患者を保護する必要があります。データ分析ソリューションは、セキュリティプロトコルの管理と実施を推進する洞察を提供することで患者のプライバシーを保護するものである必要があり、これにより、患者のプライバシーへの侵害が検出・防止されることになり、リスクの監視にもつながります。

セキュリティ

データセキュリティは、すべての組織にとって基本となる懸念事項です。ケアを提供するためには、データを安全に収集、維持、送信、および表示する必要があります。データ保護は、医療保険の相互運用性と責任に関する法律(HIPAA)の基準を満たしている必要があります。ヘルスケア分析プラットフォームは、堅牢なガバナンスプロトコルと、HIPAAの義務を維持するための組織のデータセキュリティ戦略を支援することができます。

管理

大量のデータの収集は、ヘルスケアによるビッグデータ利用のほんの一部にすぎません。これらすべてのデータは、権限のある関係者が簡単にアクセスできるようにフォーマットを調整し、整理および保存して管理する必要があります。ヘルスケア分析は、ヘルスケア組織がセキュアなコンプライアンスを満たす環境でデータを管理するうえで役立ちます。

顧客の維持

データスチュワードシップは、ヘルスケアにおける効果的なデータ管理の一環として重要です。データは少なくとも5年間はアクセス可能な状態で保護し、保持する必要があります。ヘルスケア分析は、ヘルスケア組織のデータライフサイクル管理に求められる要件を効率的に支援できます。

ヘルスケア分析の例

より深い洞察を事業や患者エクスペリエンスにもたらしたり、コストを最適化できる機会を見出せるなど、ヘルスケア分析からは、ヘルスケアサービスの効率と質を向上するための重要なビジネスに関する洞察が得られます。以下の例は、ヘルスケア分析が効果的な運用上およびヘルスケアにおける戦略的な意思決定にどのように役立つのかを示します。

データから得られる価値を最大化

既存のテクノロジーや運用データとヘルスケア分析を統合することで、医療提供者や薬局は全く新しいレベルのデータアクセスが可能になり、患者ケア、会計、およびレポーティング機能を強化できます。

ヘルスケアデータがアクセス可能で、実用的かつセキュアに

ヘルスケア企業および関連機関は、HIPAAやその他の州や連邦で適用されるプライバシー法などの個人情報保護規制によって課される複雑なデータの課題に対処する必要があります。ヘルスケア分析プラットフォームは、患者データのプライバシーとセキュリティを尊重するだけでなく、運用とデータ管理プロセスの改善もサポートします。

顧客サービスを強化するより優れたプロセス

遺伝子検査には、膨大な量のデータの収集と管理が必要です。ヘルスケア分析ソリューションを導入すれば、セキュアな環境でデータを分析し、企業全体に洞察を提供して、顧客サービスを改善することができるため、科学者はデータをさらに活用できます。

詳細はこちら

ヘルスケア分析の活用事例をご覧ください

ヘルスケアの業務を強化したヘルスケア分析プラットフォームの事例をご紹介します。

デモをリクエスト