リアルタイム分析とは

リアルタイム分析には、企業が収集したデータを、データベースに収められる際に測定、管理、分析するテクノロジーとプロセスを含みます。リアルタイム分析を用いれば、重要な洞察をより簡単に入手し、即時にチャンスを見つけて活用することができます。

企業はリアルタイム分析とビッグデータの力を駆使して、ワークフローを改善してセールスやマーケティングがもっと効果的に連携できるよう支援するなど、社内の業務を強化できます。また、リアルタイム分析ツールは顧客行動や市場トレンドの洞察を発生と同時に提供できるため、ただちにアクションを起こして競合に先んじることが可能になります。

リアルタイムデータのメリット

リアルタイムデータの活用のメリットとしては、対応やアクションを取るまでの時間の短縮、リスクの最小化、顧客行動のリアルタイムでの把握、コスト節約になる組織全体での効率アップなどが挙げられます。

反応時間の向上

設備の不良や、市場や消費者の変動など、急な変化はいつでも起こり得ます。リアルタイム分析はそれらの変化を発生するそばから把握し、緊急事態にも迅速に対応して収益減や深刻なダメージ、ブランド価値の低下を防ぐうえで役立ちます。

リアルタイムのテスト

リアルタイム分析を利用すれば、ウェブサイト、アプリからマーケティングプログラム、価格構成にいたるまで、テストと改良を簡単かつ効果的に実行できます。データのリアルタイムの分析と提供により、リスクをより小さく計算された形で受け入れることができ、高いリターンにつながります。

顧客行動の監視

リアルタイム分析は、消費者がどのように、なぜ(そしていつ)購入を決断するのかを示してくれるため、競争力の獲得の参考になります。その知識をもってすれば、より素早く効果的な変更を加え、消費者支出やエンゲージメント時間が伸びるような価値の高いアクティビティを促す態勢が整います。

コスト削減

社内のあらゆる人々がビジネスインテリジェンスにリアルタイムにアクセスできるということは、ITチームの負担やアナリストが直面しがちなボトルネックの解消につながります。非効率を減らし人的資源をより効果的に配分することで、コスト節減がかないます。さらに、速やかなプロセスで時間と費用の節約にもつながります。

リアルタイム分析の使用例

リアルタイム分析は、意思決定に必要なビジネスインテリジェンスを提供します。企業がリアルタイム分析をどのように活かしているか、使用事例をご紹介します。

お客様が望むフォーマットでリアルタイムデータを提供

分析データのリアルタイム供給は、製品や企業の差別化に大きく役立ちます。リアルタイム分析の機能を顧客に提供すれば、製品やサービスの価値と魅力がいっそう高まります。

マーケティングキャンペーンをリアルタイムで調整

データに即時にアクセスできるようになれば、素早い対応を要する各種イニシアチブにチーム全員が情報を共有しながら取り組めます。キャンペーンのパラメータ調整から新規キャンペーンの選択肢のモデル化にいたるまで、リアルタイムデータへのアクセスは、あらゆるソーシャルメディアマーケティングの取り組みの成功に欠かせません。ホリデー向け広告をホリデーの翌週に最適化しても無駄なのです。

最小限の開発時間でソフトウェア製品を差別化

既存のエンタープライズ ソフトウェアスイートに新しいビジネスインテリジェンス機能を追加するために、時間のかかる開発は不要です。適切に選ばれたリアルタイム分析プラットフォームは、迅速な市場投入の戦略を支援。データを顧客に応用することで、競合との製品の差別化を図ることができます。

詳細はこちら

リアルタイム分析の活用事例

リアルタイム分析を可能にするデータプラットフォームでビジネスを強化する方法をご紹介します。

デモをリクエスト