セールス分析とは

セールス分析は分析技術のほか、セールスデータを測定、管理、分析するプロセスを含みます。セールス分析を利用すれば、貴社のビジネスが、収集したセールスデータおよびその意味をより良く理解するうえで役に立ちます。セールスチームはこの理解をもとに、見込み顧客や既存の顧客、製品ライン、市場機会、さらにセールスチームのパフォーマンスに関して、より効果的な決定を下すことが可能になります。

セールス分析の利点

セールス分析ツールを使用することで、企業はデータを活用して、セールスのパイプラインや製品、スタッフのパフォーマンスに関する明確な洞察を得ることができます。これらの洞察により、リスクを理解して対処したり、より正確な販売予測を立てたりする万全の態勢が整います。セールス分析によってデータが利用しやすく、分かりやすくなるため、セールス担当者やマネージャー、経営陣は、効率と収益、成長率を高めながら、適切な販売活動をタイミングよく優先順位に従って行えるようになります。

セールスファネルを最適化する

セールス分析は、製品購入までの各段階において見込み顧客がどの時点にいるのかを明確にします。いつ、そしてなぜ人はその製品を買うのか。それを理解することでセールス機能を向上させ、より効率的に見込み顧客を実際の顧客に転換することが可能になります。

成長している分野を見極める

変わり続けるビジネス環境において、市場開発の好機を見極めるのは容易ではありません。セールス分析はセールスデータを詳しく把握できるよう設計されているため、満たされていないニーズを明らかにし、成長の好機を見極めることができます。

効率と生産性を高める

セールス分析は、顧客のセールスプロセスにおける効率と生産性のギャップを明らかにします。セールスチームのスキルをよく理解することで、誰に重要な顧客を担当させるべきか、どのスキルを伸ばす必要があるのか、どんな人材を採用する必要があるのか、といった洞察を得ることができます。データの洞察を用いて追求するべきチャンスを的確に見抜くことで、セールスチームも最も見込みのあるセールスリードに対応できるようになります。

詳細はこちら

セールス分析の活用事例

セールス分析がどのようにセールスチームのパフォーマンスをより効率的かつ効果的にし、収益アップにつなげるのかご紹介します。

デモをリクエスト