セルフサービス型BIとは

セルフサービス型ビジネスインテリジェンス(BI)ツールを用いれば、ITチームやBIチームに負担をかけることなく、社内の方々が自らビジネスデータの分析を行い、その情報をまとめることができます。セルフサービス型BIを通じて、ユーザーにビジネスインテリジェンス環境内で正確な情報が得られる単一のソースを提供することで、組織全体の意思決定能力を高めることができます

従来型BIとセルフサービス型BIの比較

従来型のBIツールを使用している企業は、高度に制御された環境で業務を実施しており、アナリストやITチームがデータへのアクセスを管理しています。つまり、ユーザーはデータのレポートやダッシュボードをリクエストし、レポートが届くのを待たなくてはなりません。このプロセスは、素早い意思決定に必要な情報の供給の停滞や遅れを招く原因となります。

セルフサービス型BIツールは直感的なユーザーインターフェースを備えており、技術的な専門知識がなくてもデータを簡単に活用できます。セルフサービス型BIツールは、すべてのユーザーが統一されたデータ定義で作業できる一元化されたデータモデルと併用すると最も効果を発揮します。このモデルでは、洞察の発見に誰もが同じ指標やディメンションを用いるため、データ共有に関してより信頼のおけるアプローチになります。

セルフサービス型BIなら、認証を得た社内ユーザーがデータに簡単にアクセスして分析を行い、組織全体に意義のある結果をまとめたレポートを作成できます。​​​​​​​

セルフサービスレポーティングとは

IT部門がビジネスデータに基づいてレポートを作成してくれるのを待つのでなく、セルフサービスレポーティングツールを使えば、ビジネスユーザーが自ら視覚的にも分かりやすいレポートを作成できます。セルフサービス型BIツールは、ビジネスデータを集めて分析するプロセスを合理化するレポーティング機能を備えています。

セルフサービス型BIのメリットとは

セルフサービス型BIツールは、意思決定を支援するタイムリーなレポート機能や、レポートのリクエストに伴うITやデータアナリストのボトルネックの解消など、あらゆる組織に有意義なメリットをもたらします。セルフサービス型BIが会社全体の連携を容易にし、データレポーティングを合理化する仕組みについて、詳細をご覧ください。

ユーザーが自ら答えを発見

アナリストは、問題を伴う質問に答えるために苦心します。セルフサービス型BIでは、組織の個々の従業員が、自ら分析ツールを駆使し、待たせられない質問の正確な答えが見つけられます。ユーザーが自身で疑問の答えを見つけ、より充実した情報に基づいて意思決定をいち早く下せるため、プロセスの効率化につながります。セルフサービス型BIによって分析とレポーティングの機能を合理化し、レポートに関するIT部門やデータアナリストの負担を軽減することで、生産性もさらに高まります。

データに裏付けられた意思決定と洞察サイト

ペースの速いビジネスには、データに基づいた機敏な意思決定が求められます。セルフサービス型BIは、ビジネス上の意思決定者にデータへのアクセスと、疑問の解消に必要なデータを正確に分析できるツールを提供し、アクションを促します。続いて分析結果のレポートを素早く作成。ビジネスの発展を支える、情報に基づいた決定を下すことができます。

競争力の獲得につながる効率性

ビジネスデータへのアクセス、分析、レポートが容易になれば、従業員はより機敏に、自信をもって意思決定を行えるようになります。セルフサービス型ビジネスインテリジェンスは、競争力を高めるより迅速で優れた意思決定を支援します。当社のホワイトペーパーをダウンロードして、貴社のビジネスに最適なセルフサービス型BI戦略について詳細をご覧ください。

ITとアナリストチームがより高レベルな重要業務に専念可能

日常的に寄せられるデータ収集やレポーティングの要請の負担がなければ、ITチームやアナリストはより重要な業務に集中して取り組むことができます。セルフサービス型BIはITチームやアナリストチームを、頻繁に発生する些細な業務から解放します。

詳細はこちら

すべての人のためのビジネスインテリジェンス

貴社の従業員がビジネス上の重要な意思決定を行う時、セルフサービス型BIがデータに基づいたインサイトで決定をどのように容易にするかご覧ください。

デモをリクエスト