カリフォルニア州サンタクルス – 2020年2月13日 ­– 業界をリードするデータプラットフォーム企業Lookerは、本日、Gartner, Inc.により2020年度のGartnerマジッククアドラントのアナリティクス&ビジネスインテリジェンスプラットフォームの分野において、「チャレンジャー」の評価を得たことを発表いたします1。Lookerは、初めてマジッククアドラントに掲載された2018年から、3年連続で同レポートに選出されたことになります。

「インサイトを発見することと、それを実践することの間に存在するギャップを埋めるためのツールの需要がますます高まっています。その結果、職場でのデータ活用方法に大規模な変化が起きているのです」とLookerの最高製品管理責任者のNick Caldwellは言います。「Lookerでは、従来のビジネスインテリジェンスの先を行くデータエクスペリエンスを実現することによって、そのような需要を満たすというビジョンを描いています。私たちは、すべての産業のすべての部署で働く人の日常的なツールやワークフローの中にデータを組み込む機能のほか、統合、開発者用のツールを構築しています。」

CarGurus社のシニアデータアプリケーションエンジニアのBryan Kaufman氏は、「高い信頼性と情報の透明性を担保できる自動車マーケットプレイスの構築のために、当社はテクノロジードリブンのアプローチを取りました。それにより、データアナリティクスがすべての業務の核となりました」と、言及しています。「Lookerは、私たちの日常的な業務で欠くことのできない役割を果たしています。従業員は、機器の統計情報、重要な社内の財務情報、売上レポート、最新の戦略的取り組みのパフォーマンス情報に各自アクセスすることができます。このようにデータを俯瞰して見渡せるので、何百万にも上る車両リストや日々の購入客に対するインサイトを得ることができ、行動に移すことができます。」

Lookerは、データエクスペリエンスを日常的なワークフローに取り入れることによって、行動につながるリアルな情報を、必要な時に、その組織にいるすべての人の手に渡すデータ処理プラットフォームです。それにより、実質的にどんな組織でもWebからデータの価値を見出ししたり、カスタマイズしたLookerデータエクスペリエンスを組み込んだりすることができます。Lookerは2,000社以上に採用されており、それらの半数は、Looker単体だけでなく、インサイトやエクスペリエンスを、5,000名以上の開発者と共にプラットフォーム全体に取り入れ、データエクスペリエンスを提供しています。

Gartner社の『2020 Magic Quadrant for Analytics and Business Intelligence Platforms』の無料コピーをダウンロードし、Looker and the Magic Quadrant: A Shift In the Marketというブログをご覧ください。


1 Gartner社『Magic Quadrant for Analytics and Business Intelligence Platforms』、James Richardson、Rita Sallam、Kurt Schlegel、Austin Kronz、およびJulian Sun著、2020年2月11日

Gartnerは、調査出版物に記載されているベンダー、製品、またはサービスを推奨したり、最高評価や他の指定を受けているベンダーのみを選択するようテクノロジーユーザーに助言したりはすることはありません。Gartnerの研究出版物は、Gartnerの研究組織の意見を載せたものであり、事実を記述したものとして解釈すべきではありません。Gartnerでは、この研究に関して、商品性や特定の目的への適合性の保証を含め、明示的または黙示的ないかなる保証もしていません。


Lookerについて
Lookerは、Google Cloudのデータ分析ソリューションの一部としてビジネスインテリジェンス 機能 (BI) を兼ね備えた分析プラットフォームです。従来のBIと違い、ユーザーの日々の業務フローにデータを統合し、企業がweb規模でデータから価値を抽出することを可能にします。Sony、Amazon、The Economist、IBM、Etsy、Lyft、Kickstarterなど、2,000社を超える業界大手企業や革新的な企業がLookerに信頼を寄せ、データドリブンな企業文化を強化しています。Lookerは2020年2月にGoogle Cloudの傘下となりました。詳しくは、LinkedInTwitterFacebookYouTubeからお問い合わせいただくか、https://ja.looker.comをご覧ください。

Lookerおよび関連する商標および登録商標は、Looker Data Sciences, Inc.の登録商標です。その他のすべての会社名および製品名は、それぞれの所有者の登録商標である場合があります。

このプレスリリースには、将来に関する声明、特に、Lookerが提供する製品の想定されるパフォーマンスや利点に関する声明が含まれています。「可能性がある」、「予定である」、「想定される」、およびその他類似の表現、たとえば新しい、または計画中の製品機能や開発に関係する意見の声明などは、将来に関する声明を示すことを意図したものです。このような将来に関する声明には、リスク、不確実性、仮定が含まれています。万一そのリスクが現実のものとなったり、仮定が間違っていることが明らかになったりした場合、実際の結果は、これらの将来に関する声明で示唆されている結果と実質的に異なるものになる可能性があります。リスクには、製品の入手可能日が遅れること、顧客の要件を満たしたり満足させたりできないこと、市場での成長が予想より遅いことが含まれますが、これらに限定されません。Lookerでは、このリリースの日付より後に、そのような将来に関する声明を更新する義務を負わず、現時点でそれを行う予定はありません。このプレスリリースや他のプレスリリースまたは公的な声明で言及されているリリース前のサービス、機能、または製品は、現時点では入手できず、予定どおりに提供されないことや、まったく提供されないことがあります。当社の製品およびサービスを購入するお客様は、現在使用可能な機能に基づいて購入の判断を下す必要があります。

Next Previous