マーケティング担当者は、Lookerを使用してセグメントやオーディエンスを簡単に定義、構築し、Google広告に直接送信することで、自社データの価値を解き放ちます。

Lookerは、お客様が自社データに基づくセグメントやオーディエンスをGoogle広告に直接送信できるよう、カスタマーマッチ向け統合機能を作成しました。これにより、マーケティング担当者は、ファーストパーティのインサイトにアクセスし、これを分析、活用することで、自社のデータが持つ力を解き放ち、よりターゲットを絞った顧客とのやりとりを実現することができます。すべてのプロセスは、Lookerの1つの画面内で実行され、技術的な知識のないユーザーでも数分で完了することができます。

一人称データの探索とカスタマーマッチを使用して、複数のデバイスを通じ、ウェブ上で最も強力なチャネルであるディスプレイ、ビデオ、YouTube、Gmail全体を通してユーザーにリーチすることで、永続的なオーディエンス戦略を構築します。

  • 一人称データを分析、探索することで、広告キャンペーンの対象とするべき新たなオーディエンスを特定可能
  • 素早く簡単にカスタムオーディエンスを作成し、Google広告に送信
    • サードパーティークッキーが削除された場合でも、これらのリストは永続的です。
  • カスタマーマッチを使用して、複数のデバイスを通じ、ウェブ上で最も強力なチャネルであるディスプレイ、ビデオ、YouTube、Gmail全体を通してユーザーにリーチ

このアクションを有効にするには、「管理」>「アクション」から設定するか、お客様のLooker管理者にご確認ください。