Lookerを使用すれば、マーケティング担当者はデータウェアハウス内のデータに簡単にアクセスできます。このため、ファーストパーティの豊富なデータをGoogleアナリティクス360に取り込み、より的確にお客様を絞り込めます。

LookerのGoogleアナリティクス向けアクションはデータインポート機能を活用します。CRMシステムや従来のデータウェアハウスなどと同様に、Looker上のユーザー情報を利用できるため、ユーザーをより正確に細分化し、オーディエンスに対してリマーケティングを行うことができるようになります。

  • LookerのGoogleアナリティクス360向けBlockには「行動性向」スコアが盛り込まれています。BigQuery機械学習を活用してLooker内でスコアを計算し、Googleアナリティクスに取り込んで、「行動」(商品を購入する、無料トライアルに申し込むなど)を起こす可能性がより高いユーザーを絞り込みます。

  • CRMやCMSなどのシステムに保存されている顧客の詳細情報には高い価値があります。この情報を利用して顧客の嗜好をより正確に把握し、最終的に、それぞれの顧客により適した広告の提供に役立てます。また、ファーストパーティのデータソースからGoogleアナリティクス360へデータを戻し、広告キャンペーンのカスタマイズに利用します。

  • 過去の行動を分析することで、未来の行動が推測しやすくなります。たとえば、赤い靴を購入した場合は返品する確率が高い、特定の製品機能に高い関心を示している、など、ユーザーの製品との関わり方をより正確に理解し、今後のターゲティングの精度を高めます。

このアクションを有効にするには、「管理」>「アクション」から設定するか、お客様のLooker管理者にご確認ください。