このアクションにより、LookerのユーザーはレポートデータをGoogleスプレッドシートなどのスプレッドシート アプリケーションに定期的に送信することができます。ユーザーはLookerでクエリを変更し、変更したデータを任意の間隔でGoogleスプレッドシートに送信します。また、Kloudioを使えば、Googleスプレッドシートから自社のデータウェアハウスへとデータをアップロードしたり、データを読み出すことも可能になります。

このアクションを有効にするには、「管理」>「アクション」から設定するか、お客様のLooker管理者にご確認ください。