バスケット解析ブロックを使用すると、2つのイベント間の関係性を確認することができます。一般的に、「よく一緒に購入される商品」を見つける「マーケットバスケット分析」で利用されますが、このデータは、さまざまな使用事例において外挿されます。トランザクションベースのビジネスでは、このパターンはほぼ間違いなくそのビジネスデータと完璧に合致します。実体関連データ構造は、関係性のパターンとの使用に適しています。

その商品には、価値の高い関連商品の購入を促す魅力がありますか?もしかすると、その商品は割引をした方が売れるかもしれません。では、利益率の高い商品を、割引した売れ筋商品とセットで販売したら、もっと売ることができるでしょうか?このパターンでは、1つの注文テーブル内の商品を、3つの異なる関係性指標で表します。関連性の高い商品が見つかったら、どちらかの商品についてデータを掘り下げ、その商品が店舗全体に及ぼす影響を総合的に把握します。このブロックを使用して商品やイベントの関係性を理解すれば、価格設定、バンドリング、アップセリングなどに関する戦略的な意思決定に役立ちます。