当社のGoogle BigQueryユーザーは、どのようにして時間データを効果的にクエリしているのでしょうか?LookerのTABLE_DATE_RANGEテーブルのワイルドカード関数を導入すると、特定の期間を簡単にクエリすることができ、時間に基づく分析を実行できるようになります。

BigQueryの時系列データでは、日付で分割してパーティションを個々のファイルまたはテーブルに格納するのがベストプラクティスです。こうすることでデータセットの追加や削除、保守が簡単になります。パーティション分割されたテーブルは結合して、Lookerのテーブルワイルドカード関数TABLE_DATE_RANGEを使用して単一のテーブルとして効果的に表示することができます。結果として生成されたテーブルを確認するユーザーは、誰でも日付フィルターを変更でき、適切なテーブルを自動的にクエリできるようにクエリが書き換えられます。このブロックはクエリのパフォーマンスを大幅に高めるため、ユーザーは時間に関連した重要な分析を実行できるようになります。