GA4 に移行、または初めてGA4をデプロイされるお客様のために、LookerはGoogleアナリティクス4のすぐに使える新しい分析機能により、顧客中心のデータを分析し、活用できるサービスを拡張しました。BigQueryでGA4を使用するお客様が利用可能な詳細かつイベントレベルのデータにより、ブロックにはGA4固有の新たな指標が含まれる一方、直帰率といったGA360の一般的な指標も保持されます。

Googleアナリティクス4にアップグレードした企業は、高度な分析をLookerで容易にデプロイできるようになり、デバイスやプラットフォームにまたがり顧客の行動やエンゲージメントを詳細に分析することが可能になります。

GA4ユーザー向けには、Lookerのブロックは柔軟な構成機能を備えたレポートを提供し、標準のGAレポーティングよりも詳細なカスタムインサイトの提供を実現します。また、対象セグメントのカスタマイズ、追跡するカスタム目標の定義、GAコンソールが利用できない人とのレポート共有が可能になります。

  • GA4の概要ダッシュボードでは、ウェブパフォーマンスの状態を素早く把握できます。トラフィック、行動、オーディエンス、取得指標を大まかなレベルで見ることができるため、各セクションの詳細を見る際の開始点となります。

  • GA 4の行動ダッシュボードを利用すれば、ウェブサイトのどのページでユーザーが相互にやりとりしているかや、異なるウェブページやパスをどのように自然にたどっているかを見ることができます。

  • GA4のオーディエンスダッシュボードは、貴社のウェブサイトを訪れるユーザーのタイプをより良く理解するうえで役立ちます。ブラウザ、テクノロジー、時刻、デバイス別にユーザーを分類することで顧客層を把握し、特定のオーディエンスに合わせてコンテンツを用意する機会を見出します。

  • GA4の取得ダッシュボードは、様々なユーザーやセッションがどこから来るのかを明らかにし、どのソースが実際にユーザーをサイトに導いているのか、貴社のサイトにたどりついた後はどのようにウェブページを見ているのか理解できるようにします。

  • GA4のカスタムゴール コンバージョンダッシュボードを使って、ウェブページとイベントの使用を定義できるカスタム目標に関するこれまでの傾向を特定します。貴社のウェブサイトが目標に対してどのようなパフォーマンスを示しているかを、目標が定義された後のトラフィックに制限されることなく、経時的に把握することができます。またコンバージョンページやコンパージョンイベントを定義し、お客様がこれらのポイントにどのようにたどり着くかを経路の観点から理解することが可能です。

  • キャンペーンインパクトダッシュボードを使って、実施したキャンペーンの期間とランディングページを選択し、リテンションとアップセルへの影響を測定します。このキャンペーンがどのオーディエンスにとって最もメリットがあるかを観察し、今後より良く対象を選択できるようにします。

  • GA 4のページ経路ファネルダッシュボードを使って、ウェブサイトのA/Bテストを可能にするカスタムマルチステップページ経路を作成します。これらの経路がオーディエンスの特徴別にどのように異なるかを見ることもできます(ソース媒体、ブラウザ、デバイスなど)。特定のページで低下が見られる場合は、そのイベントアクションファネルまで進み、どのアクションが低下の原因となっているのか、ユーザーがそのページ内をどのように移動しているのかを考察します。