ピア比較分析では、1つまたは複数の要素で分類された1つのグループを別のグループと比較します。製品やその利用者、その他の特性に関するいくつもの属性に基づいて、製品ごとのパフォーマンスを総合的に把握することができます。

ピア比較ブロックが最も適しているのは、1つまたは複数の母集団(例:ブランド、営業担当者、地域など)を含むデータセットを使用する場合です。このブロックでは、営業担当者の業績を他の担当者と比較したり、あるチャネルのコンバージョン率を他の全チャネルと比較したりできるほか、売れ筋や利益になる商品の区分などさまざまな情報からインサイトを得られます。データは、Salesforceやウェブ分析ツール(Google Analytics、Segmentなど)、取引データ(ある集団とその他すべてを比較する場合に、その集団に紐づいているデータ)から取得します。また、全グループを対象に、同一条件で比較したKPIを確認することも可能です。