Weather Sourceのデータは、分析と機械学習に最適です。2015年創立の同社は、天候が企業の業務に及ぼす影響の数値化、無駄の削減、投資収益率の向上、ロジスティクスの微調整、戦略的マーケティングの展開、リソース計画の改善などを企業が実現できるよう支援してきました。天気および気候データを企業の内部データとシームレスに統合することで、洞察に富んだ分析と実用的なビジネスインテリジェンスが得られます。

貴社のビジネスに最も関連する重要なポイントとなる、非常に狭い地区の天気や天候データを簡単にクエリできます。たとえば、緯度・経度の座標、郵便番号などの地理的に分かれたエリア、指定された市場エリア、大都市統計圏などです。

無料のブロックには、サンプルとして米国のこれまでの州レベルの天気と気候データが含まれています。

プレミアムブロックには、地球上のすべての陸域および沖合200マイルまでのエリアの過去、現在/前日、予報、および気候気象データが表示されます。Weather Sourceのデータは、高解像度のOnPointグリッドを介して配信され、貴社にとって重要な場所がグリッドポイントから1.2マイル以上離れることはありません。

このブロックで有効にできる分析サンプルには、以下が含まれます。

  • 小売&フードサービス: 季節ごとの商品の売上と客足の量に対する天候の影響を分析します。
  • 金融: 天候データを活用してα値を見つけ出し、最適な取引シグナルを生成します。
  • 不動産: 資産の所在地に対する天気の影響を監視します。
  • エネルギー: 異常気象や需要に対する変化の可能性を予測します。
  • 物流: 配達遅延の原因となる気象現象や危険を特定します。
  • ヘルスケア: 緊急治療室や診療所への訪問に対する天候の影響を理解します。
  • その他: ほぼすべての産業が、ある程度天候に左右されています。