Snowflakeのデプロイと使用に関わる包括的なインサイトを、あらゆるテーブル、データベース、ユーザーにわたって提供。それらの指標の時系列での変動を把握し、前期と比較して効果的な拡張に有効に利用しましょう。

Snowflakeは製品チームが推奨するように、独自のSharehouse(情報スキーマではなく)を通じて包括的なデータベースのパフォーマンス情報を提供します。SnowflakeのBlock for Cost and Usageを使用して、この情報とSnowflakeへの投資を有効に活かしましょう。このブロックは、コスト削減とパフォーマンス向上に最も効果的な機会をいくつも浮き彫りにしてくれます:

  • 実行時間が最も長いクエリやリファクターテーブル、またはクエリ構文を特定してスピードアップ

  • 最もコストが高いクエリを見つけて、クエリやテーブル、joinロジックを修正して重なる支出を削減

  • 問題を起こしがちなユーザーをターゲットにランナウェイクエリの発行を抑え、環境のスピード低下を防止