KARTEは、企業のウェブやネイティブアプリの訪問者に対する個人レベルの行動データを捉え、アクションにつなげるサービスです。KARTEを利用することにより個々の来訪者にあわせた接客をウェブ上で実現することが可能です。

このブロックは、Lookerのデータ探索機能とKARTEの顧客行動データを用いることで、顧客行動パターンの理解から施策実行までのフローをサポートします。さらに、最も一般的なページのファネル、訪問者やセッションのトレンド、貴社サイトで最も使用されているデバイス、ネットプロモータースコアなどのレポート機能も備えています。

また、ユーザーはKARTE Datahubの柔軟なデータ変換機能を活用することで、デフォルトのLookMLモデルを強化し、独自の分析を実行することができます。

このブロックでは以下の指標をベースにした分析が可能です:

  • セッションと訪問者 - 主な行動傾向を総合的に把握してユーザーを理解。結果を掘り下げ、ユーザーレベルで実用的なインサイトを得ることができます。
  • エンゲージメントとバウンス - 顧客がウェブサイトを離れた時点のページ、デバイス、時刻を特定し、顧客のエンゲージメントを確保します。
  • ファネル - 最もよく見られるカスタマージャーニーの流れや人気のページ、ドロップオフポイントを探し、顧客をトップコンテンツに誘導します。
  • ネットプロモータースコア - NPSの傾向を特定し、顧客とのより良いエンゲージメントやカスタマーエクスペリエンスの向上に役立てます。
コードの詳細はこちら