Weather Sourceのデータは、分析と機械学習に最適です。2015年創立の同社は、天候が企業の経営に及ぼす影響の数値化、無駄の削減、投資収益率の向上、ロジスティクスの微調整、戦略的マーケティングの展開、リソース計画の改善などを企業が実現できるよう支援してきました。天気および気候データを企業の内部データとシームレスに統合することで、実用的なビジネスインテリジェンスが得られます。

貴社のビジネスに最も関連する重要なポイントとなる、非常に狭い地区の天気や天候データを簡単にクエリできます。たとえば、緯度・経度の座標、郵便番号などの地理的に分かれたエリア、国勢調査区、指定された市場エリア、大都市統計圏などです。

過去2年間のデータ、7日間の予測データ、気候データを含むサンプルデータを使ってWeather Source OnPoint製品をお試しいただけます。すべてのデータは毎日提供され、米国の10,000の郵便番号に対応しています。

簡単なアップグレードで次のようなデータにアクセスできます:

  • 過去の気象データ(2000年~)
  • 過去の予測データ(2015年1月~)
  • 現在/前日のデータ
  • 15日先までの予測データ(46日先まで拡張可能)
  • 気候データ
  • 悪天候の警告
  • 1時間ごと、および毎日データを提供

Weather Sourceの高解像度OnPointグリッドは、地球上のすべての陸地および沖合200マイルまでのエリアを含み、重要な場所がOnPointのグリッドポイントから2.2マイル以内となるようにしています。

このブロックで有効にできる分析サンプルには、以下が含まれます。

  • 小売&フードサービス:商品の売上や季節在庫、および客足の量に対する天候の影響を分析します。
  • 金融:天候データを活用してα値を見つけ出し、最適な取引シグナルを生成します。
  • 不動産:資産の所在地に対する天気の影響を監視します。
  • エネルギー:異常気象、需要に対する変化の可能性を予測します。
  • 物流:配達遅延の原因となる気象現象や危険を特定します。
  • ヘルスケア:緊急治療室や診療所への訪問に対する天候の影響を理解し、人材の最適な配置を図ります。
  • 農業:播種時期や作物収穫量、全体的な農地の業績に対する天候の影響を数値化します。
  • その他:ほぼすべての産業が、多かれ少なかれ天候に左右されています。