Singularのマーケティング向けETLは、Facebook Ads、Google Ads、Bingをはじめ2,000以上の統合サービスの有料マーケティングのパフォーマンス、正規化コスト、ROIを完全に可視化。他のETLツールとは違い、すべてのマーケティングチャネルを標準のビジネス対応スキーマでひとつのテーブルにまとめます。

Singularは異なるソースからのデータを同じデータスキーマに標準化するため、データベース内で簡単にクエリを実行できます:

  • BigQuery、Snowflake、Redshift、S3など代表的なデータウェアハウスに対応
  • ソース、国、キャンペーン、キーワードなど正規化されたディメンション
  • 支出、クリック、コンバージョンなどのパフォーマンス指標
  • 独自のカスタムのディメンションや指標をコーディングなしで追加可能

このSingularブロックを用いれば、お客様のチームは強力なレポートを作成し、次のような疑問の答えを得ることができるようになります:

  • Google AdsやInstagram、LinkedInなどのチャネルの平均CPCは?
  • 国またはチャネル別の月間支出は?
  • 最も成果をあげているキャンペーンまたはクリエイティブの上位10は?

Singularは選べるデータスキーマを4種類提供。それぞれが、Singular ETLがご利用のデータベースにロードできる、異なるディメンションや指標のセットを定義します。下記のリストからお客様のニーズに最適なデータスキーマをお選びください。

  • キャンペーン - キャンペーンやネットワークレベルの最適化に対応
  • キャンペーン&キーワード - 検索キャンペーンのキーワードレベルの最適化をサポート
  • キャンペーン、キーワード、パブリッシャー - パブリッシャーベースの入札、ホワイトリスト、ブラックリストの最適化が可能
  • キャンペーン&クリエイティブ - クリエイティブベースの最適化に対応

その他のフィールドについては、Singularデータスキーマの記事をご参照ください。Singularの統合サービスの詳細はSingularパートナーリストをご覧ください。

Singularは2014年に創立し、Nike、Lyft、Activision、Airbnbなど市場をリードする大手企業に利用されています。