TreeMapsは、階層(ツリー構造)データをネストされた長方形のセットとして表示します。

ツリーマップは、階層(ツリー構造)データを一連の四角形で入れ子にして表示します。各ブランチは四角形、そしてそれに関連するサブブランチがそれよりも小さい四角形で表されます。リーフノードの四角形の面積はデータのディメンションに比例し、多くの場合、その差が分かるよう色付けされています。​​​​​​​

色とディメンションの大きさがツリー構造と相関していると、ある色が(検討事項等と)特に関連している場合などは、他の方法では気付きにくいパターンを簡単に見てとることができます。また、ツリーマップの2つ目のメリットとして、四角形を組み立てることでスペースを効率よく使用できることがあげられ、結果、何千もの項目を同時かつ明瞭に表示できるようになっています。

こうした強力なビジュアリゼーションは、複数の可変的階層を、直感に訴えかける形で見せることを可能にします。INTRICITYのツリーマップはさらに、ドリルダウン可能な階層/序列を提示します。

このツリーマップダイアグラムでは、すべてのサポートおよび管理をINTRICITYが提供します。INTRICITYは、100名を超えるデータ管理および分析の専門家を抱える会社で、米国全土に支店を構え、本社をニューヨーク市に置いています。

INTRICITYの専門家チームはこれまでにヘルスケア、保険、製造、金融サービス、メディア、製薬、小売などのさまざまな業界でデータ統合分析ソリューションを導入しています。