3つのステップで実現するLookerのデータモデリング

ステップ1

LookerをSQLクエリに対応した任意のデータベースに接続して、ベーシックなLookMLモデルを自動生成します。

ステップ2

コラボレーションをしてモデルを構築、または、100種類以上ある構築済みのLookMLモデリングパターン(Looker Blocks)から選択し、開発を高速化します。

ステップ3

会社独自の指標が反映されるようにモデルをカスタマイズし、レポートを1つの場所から簡単に更新および管理します。


カスタマイズされたデータモデリング

貴社のビジネスロジックをLookerで定義すれば、会社全体で使用できるようになります。データモデルを一度定義すると、そのモデルの任意の部分を参照できるので、同じSQLクエリを何度も書く手間が省けます。ビジネスの変化に合わせて指標を更新することで、最新のデータをすべての人と共有できます。

瞬時にベーシックモデルが完成

Lookerがデータをインテリジェントにスキャンして、スキーマ内のテーブル間の関係性を推測し、ベーシックモデルを構築します。ベーシックモデルでは、データベース内ですでに定義済みの関係性が使用されるため、設定に時間をかける必要がありません。

テンプレートもご用意しています

Lookerでは事前に構築済みの分析テンプレート(Looker Blocks®)が提供されており、共通のデータソース(Google AnalyticsまたはSalesforceなど)上に構築した場合、数分でデータからダッシュボードに移動できます。LookerのBlockディレクトリにある100種類以上のLooker Blockを参照すれば、データモデリングの高速化に役立ちます。

Counsylがデータで結果を合理化し効果を促進

Deliverooがデーターを活用して美味しい食事を素早く配達

Glossier:データも美しく

Stack Overflowがデータサイエンスのワークフローを改善

アナリティクスを快適に

ビジネスインテリジェンス、ビッグデータ分析、顧客の360°ビュー。Lookerはお客様のどんなニーズにもお応えします。当社のデータエキスパートにご相談ください。

デモをリクエスト