3つのステップで実現するLookerのデータモデリング

ステップ1

LookerをSQLクエリに対応した任意のデータベースに接続して、ベーシックなLookMLモデルを自動生成します。

ステップ2

コラボレーションをしてモデルを構築、または、100種類以上ある構築済みのLookMLモデリングパターン(Looker Blocks)から選択し、開発を高速化します。

ステップ3

会社独自の指標が反映されるようにモデルをカスタマイズし、レポートを1つの場所から簡単に更新および管理します。

カスタマイズされたデータモデリング

貴社のビジネスロジックをLookerで定義すれば、会社全体で使用できるようになります。

データモデルを一度定義すると、そのモデルの任意の部分を参照できるので、同じSQLクエリを何度も書く手間が省けます。

ビジネスの変化に合わせて指標を更新することで、最新のデータをすべての人と共有できます。

瞬時にベーシックモデルが完成

Lookerがデータをインテリジェントにスキャンして、スキーマ内のテーブル間の関係性を推測し、ベーシックモデルを構築します。

ベーシックモデルでは、データベース内ですでに定義済みの関係性が使用されるため、高速化できます。

テンプレートもご用意しています

Lookerでは事前に構築済みの分析テンプレート(LookerBlocks®)が提供されており、共通のデータソース(Google AnalyticsまたはSalesforceなど)上に構築した場合、数分でデータからダッシュボードに移動できます。

LookerのBlockディレクトリにある100種類以上のLooker Blockを参照して、データモデリングペースの高速化に役立ててください。

Lookerでデータをモデリングしたお客様の声

「Lookerを気に入っている理由にはたくさんあります。その1つがコアLookMLです。一度指標を定義するだけで、ユーザーに独自のレポートやダッシュボードを自由に作成できる機能を提供できます。」

Will Sprunt、ビジネスインテリジェンス部門リーダー

詳細はこちら

「LookMLにより、データを一度モデル化するだけで、ビジネスユーザーがデータアナリストを必要とせずに質問して回答を得ることができるようになりました。」

Thoren Palacio, データ分析責任者

「LookMLを使用することで、一度構築してビジネスユーザーに渡した後、この件について考える必要がなくなりました。」

詳細はこちら

「LookMLは、すべてのデータを真の単一ソースに統一する他にはない方法を採用しており、簡単に人々に受け入れられました。」

Steve Bave、業務部長兼VP

すべてのステップを支援します

デプロイを高速化するLookerのプロフェッショナルサービスにお任せください。

プロフェッショナルサービス

Lookerのプロフェッショナルサービスとパートナーエコシステムと提携することで、BIへの投資から最大限の利益が得られます。

トレーニング

専用のトレーニングセッションに参加して、Lookerスキルを次のレベルにまで引き上げてください。

継続的なサポート

Lookerのアナリストが提供する専用のオンライン技術サポートが、必要なときに状況に沿ったサポートを確実に提供します。