LookerのBIプラットフォームを選ぶ理由

Lookerは、SQLの実用性を駆使して他に類を見ないパワフルなデータ分析プラットフォームを作り出し、企業が自身のデータから真の価値を導き出せるようサポートします。今や誰もがなじみの深いビジネス用語を用いつつ、データに関して洗練された質問ができる時代です。

指標の定義は一度

データアナリストは、自分の頭の中のデータに関する知識をLookerの簡単かつパワフルなデータモデリング言語、LookMLに取り込むことができます。ビジネス指標(例:顧客生涯価値、コンバージョンレート)を定義し、各表が相互にどう関連するか説明すれば、Lookerが適切なSQLを記述して、データ探索でのあらゆる質問に答えます。

データを美しく、意味のあるものに

ビジュアリゼーションにより、データの全体像を語ることが簡単になります。読みやすいレポートや美しいダッシュボードを作成することで、ユーザーはさらに深く掘り下げながら探索を継続することができます。豊富なデータのビジュアリゼーションをいつでも、どのデバイスからでも簡単に共有することが可能です。

最新のテクノロジーを駆使

現在のデータベースは、大量のデータに対して簡単にクエリを実行できます。Lookerではお客様のデータベースに直接接続するため、そのパワーを存分に活用することができ、データの抽出は必要ありません。また、ソフトウェアのダウンロードも不要で、実質的に何でも探索可能です。

データ文化を構築

信頼できるデータを会社全体で共有すれば、アナリストがボトルネックとなることもありません。そして、すべてのユーザーが疑問に対する答えを自ら見つけ出し、より多くのデータドリブンな判断を下せるようになります。

デモ動画を見る

データドリブンな1日:ビジネスユーザーのLooker活用例

あるeコマース企業でのLooker活用事例

顧客動向の全体像を把握

Lookerの仕組み

ステップ1

Amazon Redshiftや
BigQueryソリューションなど、任意の
リレーショナルデータベースにLookerを接続します。

ステップ2

Lookerがお客様のスキーマから
自動的にデータモデルを
生成します。

ステップ3

モデルを調整し、お客様独自の
指標とビジネスロジックを
反映させます。

ステップ4

基本となるKPIダッシュボードと部門別レポートを構築した後、
すべてのユーザーをセルフ
サービスに招待します。

最終ステップ

ユーザーにこのキュレーション環境の使用を勧めます。ユーザーは、Lookerによって質問が正確かつ効率的なSQLに変換されることを念頭に、
ほしいデータを自分で見つけることができます。

アナリティクスを快適に

ビジネスインテリジェンス、ビッグデータ分析、顧客の360°ビュー。
Lookerはお客様のどんなニーズにもお応えします。
当社のデータエキスパートにぜひご相談ください。

デモをリクエスト