進化したデータと分析

Lookerでは、誰もが適切な方法で適切なデータにアクセスできることで、より良い判断が下せるようになると考えています。当初、BIおよびデータビジュアリゼーションソリューションは、レポートとダッシュボードを作成する目的で設計されました。今日の組織が判断を下すあらゆる手段に対応したデータエクスペリエンスを提供するためには、新しいアプローチが必要です。

LookerのデータプラットフォームはBIであるだけでなく、人々の業務のやり方に合ったデータエクスペリエンスを通して組織が影響を与えるために役立ちます。Lookerはビジネスワークフローにシームレスに統合し、サードパーティシステムに組み込まれるため、企業は独自のデータアプリケーションを構築できます。それだけでなく、世界クラスのビジネスインテリジェンスも同時に提供します。

Lookerプラットフォームがお客様のデータの価値を引き出して影響力のある洞察を提供し、組織のあらゆる部門に合うデータエクスペリエンスを作成します。ビジネスエグゼクティブやデータアナリスト、アプリケーション開発者、データサイエンティスト、お客様、ビジネスパートナーなど、業務でデータを必要とする人なら誰でもLookerの機能からメリットが得られます。

Lookerがデータエクスペリエンスを提供

ビジネスインテリジェンス

エンタープレイズレベルBIを使用して、レポートとダッシュボードの作成を簡素化し、古いデータやビジネスロジックに対するサイロ化されたアプローチを回避します。

組み込み型アナリティクス

データの価値を引き出します。ユーザーが必要とする時にデータ、ビジュアリゼーションおよび洞察を組み込むことで、効率と意思決定を改善します。

アプリケーション

あらゆるデータエクスペリエンスを構築できます。事前にパッケージ済みのアプリケーションから選択して、専用のプラグアンドプレイエクスペリエンスを提供することもできます。

データ配信

一般的な形式とプラットフォームを使用して、レポートや洞察、データセット、クエリ結果の配信をスケジュールおよび自動化します。変更があった時にはアラートとアップデートを送信します。

ワークフローの統合

事前に構築済みの機能を使用して数秒で統合したり、Lookerの堅牢なAPIを使用して独自に構築して統合できます。データサイエンスやその他の高度な分析ワークフローにも対応します。

Lookerを使用することで、基準化することができ、正確なデータに基づいて人員が判断を下している安心が得られました。

- Sean Bave、業務部長兼VP
StackOverflow 

デモをリクエスト

Lookerのデータプラットフォーム

必要な時に、ウェブ全域、モバイルデバイス、既存のワークフローなど、どこででもデータを取得

従来の方法
Lookerプラットフォーム
データ利用者は、制限された限定的な方法でデータにアクセスします。データはワークフロー内では利用できず、ユーザーは分析ツールにログインしてレポートとダッシュボードを開く必要があります カスタマイズされたデータエクスペリエンス。データをどこでも共有できる組み込み型アナリティクス 。既存のワークフローやサードパーティツールとシームレスに統合。堅牢なAPIを使用して、組織が必要とする方法でデータを使用します
データチームは、レポートとダッシュボードの作成に専念します。リソースは戦略的なイニシアチブではなく、その場その場で発生する要件に費やされます データチームがインタラクティブなデータエクスペリエンスを監督し、ユーザーは独自のレポートやダッシュボードを作成できます
データチームは、分析のためのデータ抽出に時間を費やします。キューブと抽出したデータはすぐに古くなり、頻繁に更新する必要があります データベース内のアーキテクチャと自動化されたデータ配信により、反復的なデータ抽出作業が必要なくなります。ユーザーには常に最新のデータを見ることができます
指標とビジネスロジックに対して個別にアプローチします。システムに組み込まれている指標とKPIに対するガバナンスはありません。データカオス 統一され、管理された、明確な指標により、データ分析が容易になります。すべてのユーザーが、指標または基になるデータに対するアップデートを継承します

デモ動画を見る

データドリブンな1日:ビジネスユーザーのLooker活用例

あるeコマース企業でのLooker活用事例

顧客動向の全体像を把握