プラットフォームの拡張

最も必要とされる時と場所にデータを提供。所有権はユーザーが定義します。

  • デジタルマーケティング、ウェブ、Salesforceデータに関連したインサイトを操作可能にするデータアプリケーションで、投資回収までの時間を短縮

  • 新たなオープンソースライブラリとJavascript SDKにより、シームレスでカスタマイズされた社内または埋め込みデータソリューションの開発がこれまで以上に簡単になりました

  • アラート機能が強化されたことで、主要なインサイトを既存のワークフローに直接届け、より良い意思決定を促進


Looker 6

投資回収までの時間を短縮。変わりゆくニーズに常に対応。

  • カスタマイズされた実用的なエクスペリエンス: 新しいアプリケーション、ビジュアリゼーション機能、そしてワークフローの統合がさらなる価値をより早くもたらします。

  • フレキシブルかつスケーラブルな分析用プラットフォーム: 効率化と適応性を実現する新しい分析ツール、カスタマイズ機能とAPIの組み込み

  • 所有・デプロイが手軽: エンタープライズクラスの提供内容に加え、ご利用の際のサポートおよびサービスリソースを新たに追加


Google BQML向けLooker

スケーラブルな機械学習の新たな可能性を発見。

  • 機械学習を全面的に活用して有効に時間を使い、より価値の高い分析に専念

  • 予測可能なモデルの出力をデータベースに再び移行する必要性をなくし、複雑さを軽減

  • 業界をリードする分析技術を活用して瞬時にアクションを起こし、データから意思決定までの流れをより迅速化


データサイエンス ワークフロー

データの準備と配信を合理化し、最大のインパクトを達成。

  • Stream Resultsを介してお好みの機械学習ツールに最大のデータセットを直接送信

  • マージされた結果を介し、接続されたあらゆるソースからのデータと合わせてモデル出力を統合

  • Looker R SDk、PythonコネクションまたはTensorFlowと当社の統合を介して最高のソリューションと直接統合


データビジュアリゼーション ツール

最新のデータをかつてないほど分かりやすく提示。

  • Lookerライブラリまたは自作のライブラリからビジュアリゼーションを選択

  • 傾向線から条件付きフォーマットまで、美しく見やすい形でビジュアリゼーションを強化

  • ビジュアリゼーションをダッシュボードに表示し、スケジュールを組んだり、アラートの設定など様々な機能を活用


新しいLookerホームページ

より使いやすくなったホームページは、ユーザーがより多くの情報を得られるようデザインされています。

  • Lookerの新しいホームページは、様々な要素に基づいて、ダッシュボードとデータコンテンツをユーザーにスマートに提示します。

  • Lookerの管理者は、すべてのユーザーが目にするホームページのコンテンツをセクションごとに構成することができます。

  • あなたやグループが最近見たコンテンツをトップに表示する機能で、常に最新情報を入手


アクションハブ

ボタンひとつで分析を実行可能に。

  • ボタンひとつでLookerを別のツールと接続し、Lookerでワークフローを簡素化

  • SlackからSalesforceまで、Lookerのアクションハブからアクセス可能な他社製の統合ツールのライブラリから自由に選択

  • 自動的かつ瞬時に重要なインサイトに基づいて行動を起こし、他のツールにそれらを連絡・配信


データブロック

パブリックデータが瞬時に利用可能に。

  • 価値の高いコンテキストを、外部のプレモデルデータセットとともにビジネスデータに瞬時に追加

  • 天気がユーザーの活動にどう影響するのか郵便番号別に識別したり、米国の国勢調査から抽出した高精度の人口統計データを用いて新たな市場の機会を探索することが可能に。

  • Amazon S3やGoogleクラウドプラットフォームを介してこのようなライブデータセットにアクセスしたり、お客様のデータウェアハウスにこれらのデータセットをETL処理したりすることも可能。


Gitブランチの作成

Lookerを使用したバージョン管理機能が大幅に向上。

  • Lookerは、バージョン管理のための強力な新機能をリリースしました。この機能により、ユーザー別に既存のデータモデルにアップデートを加えることが可能となり、他のユーザーのモデルを壊す心配は要りません。

  • Lookerのユーザーは、既存のLookerプロジェクトにブランチを作成でき、複数の異なるプロジェクトへの変更を容易に管理できるようになります。

  • チームは同じコードのブランチを表示してともに作業することで、連携しながら変更についてのフィードバックがより簡単に得られます。


Looker 5

すべての人のためのデータプラットフォーム。

  • Looker 5は、カスタムのビジュアリゼーションライブラリ、エンドユーザーに合わせたエクスペリエンスを作成するためのツール、既存のデータと簡単に統合できるプレモデルデータセットを組み込み、Lookerプラットフォームをアップグレードしました。

  • Lookerアクションハブの数多くの統合からいずれかを選択し、Looker内のデータから得たインサイトに基づいてアクションを実行

  • Lookerの強力な新しいSQL Runnerから直接SQLクエリを視覚化し、アドホック分析に活用


AWS向けLooker Blocks®スイート

Amazon RedshiftおよびAWSのメタデータを探索し、使用状況をより簡単に最適化します。

  • Looker Blocks®による直感的な見やすいLookerダッシュボードにAWSやAmazon Redshiftの利用状況からのメタデータをトップに表示

  • パターンを明確化するため、Lookerの機能を活用してクエリおよびイベント別に利用状況をドリルダウンおよび探索

  • アラートのカスタマイズやデータアクションをはじめとするLookerの機能を利用し、Amazon RedshiftやAWSの利用状況をLookerから直接管理

  • 詳細はAWS最適化スイートのソリューションシートをご覧ください。


スマートキャッシング

データパイプライン全体を完璧に同期。

  • Lookerはお客様のデータシステムをすべて結び付ける、最初で唯一のデータプラットフォームです。

  • データ収集、ETL処理、データインポートなどが原則的に独立して機能し、別々のタイミングで実行可能

  • データベースへの負担を最小限に抑えながら、全システムが常に最新のデータを保持するようすべてを統括


最新のスケジューリング機能

先を見越してデータを準備。

  • Lookerは、業界をリードする既存の保存およびスケジューリング機能に新たな性能を追加しました。

  • 単一のレポートやダッシュボードを維持し、個別化されたバージョンをスケジューリングして異なるユーザーやチームに送信

  • カスタマイズ可能な属性に基づき、それぞれの受信者向けにレポートやダッシュボードをプログラムによって個別化


新しいビジュアリゼーション

データを新たな方法で視覚化。

  • 新しいファネルビジュアリゼーションを使い、ファネルの異なる段階にまたがるドロップオフ率(チェックアウト用のショッピングカートまたは無料トライアルの終了など)をより詳しく把握

  • 新しいタイムラインビジュアリゼーションを用いて、時間の経過とともに人材の配置または顧客によるセッションといった異なるイベントの発生を監視


高度なタイムゾーン対応機能

頭を悩ませることなくタイムゾーンに対応。

  • お使いのモデルで様々なタイムゾーンの異なる時間に記録されたデータを活用することが可能。

  • 新機能により、ユーザーのタイムゾーン、クエリ発信元のタイムゾーン、そのほか希望するタイムゾーンが反映されるようフロントエンドでタイムゾーンのカスタマイズが可能

  • Lookerはクエリの実行時にデータを変換するため、タイムゾーンへの対応がスムーズになります。


Lookerのセグメント統合

  • LookerのUIからセグメントおよびMarketo、 Hubspot、Mailchimpなど対応する各種統合ツールにデータを直接送信

  • Lookerから自動的にお気に入りのマーケティングツールを利用してデータに対してアクションを起こせるため、データを手作業でアップロードしたりCSVをダウンロードしたりする手間が省けます。

  • Looker内の異なるデータソースを組み合わせてカスタムのユーザーコホートを定義し、アップセルの機会や顧客再獲得キャンペーンなどを識別


インサイトを即時に入手

Lookerでのデータ探索はコード要らず。

  • 直感的なポイント&クリック型インターフェースでデータベースのデータを瞬時に探索

  • ノートパソコンに負荷をかける必要はありません。Lookerなら、クラウドのデータをシームレスに探索でき、データベースを活用してデータを解釈することができます。

  • 新しいデータセットを探索しながらインサイトをシェア。URLをコピー アンド ペーストする手軽さでコラボレーションが可能です。


BigQueryソリューションデータ転送サービス向けLooker

Googleのマーケティングデータをすべて一か所にまとめて実行可能な分析を。

  • GoogleのマーケティングアプリからBigQueryソリューションクラウドデータウェアハウスにすべてのデータを簡単にロード

  • カスタマイズしたLooker Blocks®を使用し、インサイトを得るためにレポートやダッシュボードでデータを即座に解釈

  • AdWords、YouTube、Google Analytics、DoubleClickでの変更がどのように相互に影響するか確認

  • BigQueryに貴社の残りのデータを読み込み、Lookerで全体像を把握

  • 詳細はアーキテクチャソリューション シートをご覧ください。


LookVR

LookVRを理解する一番の方法は、実際に使ってみることです。

  • LookVRを使ってみれば、データを探索して共有する新しい方法が想像する以上にたくさんあると感じるはずです。

  • LookerのAPIと革新的なモデリングレイヤーを使えば、データを簡単にまとめることができるため、アプリケーションの構築に専念できます。

  • Lookerのプラットフォームは現在のためだけでなく、将来を見据えて構築されています。

  • Lookerは、変遷するニーズおよび進化を続けるテクノロジーに適応するよう構築されています。その柔軟性の高いアーキテクチャにより、LookVRは半日で設定が完了し、すぐに稼働させることが可能です。


Looker + Amazon Athena

LookerとAthenaを使って、S3のデータに直接クエリを実行。

  • Looker 4.6は、AWSの新しいS3クエリサービスであるAmazon Athenaに対応しています。

  • Amazon Athenaは自動的にクエリを並行して実行するため、ほぼすべての結果が数秒以内に取得できます。

  • LookerはJDBCドライバを介して直接Athenaを利用するため、速度が落ちることはありません。

  • データから実際に価値を引き出すことを重視するLookerにとって、S3のデータレイクに価値をもたらすAthenaは最適な組み合わせです。


データアクション

Lookerから、直接ほぼすべてのアプリケーションに対して働きかけます。

  • Salesforceの項目のアップデートからZendeskへのチケット割り当てまで、Lookerでデータを直接操作

  • 動作の遅い複数のタブやツールを切り替える必要なしに、毎日の業務を遂行できます。

  • カスタムの条件に基づいて定期的な処理を自動化したり、トリガーを設定したりすることで時間を節約

  • データの誤りを即座に修正し、すべてのデータやレポートを一貫して正確に保ちます。


Slackでデータを活用

Lookerbot for Slackを使えば、Slackの会話にデータを取り込むのも簡単です。

  • Slackから直接、Lookerのすべてのデータをすぐに参照できます。

  • 変更があった場合にすぐ対処できるよう、ルックスとアラートをSlackに設定

  • 貴社固有のニーズに合わせてコマンドを作成(SlackまたはLookerbot)

  • LookerbotについてはSlackアプリディレクトリをご覧ください。


Blocksディレクトリ

Looker Blocks®を使用すると、どんな企業でもデータ分析をより迅速かつ正確に実行できます。

  • Lookerの豊富なサービス、業界最先端の分析パターン、パートナーの統合などをまとめて表示

  • 業界や使用例ごとに検索・フィルタリングし、ビジネスを加速させるブロックを識別できます。

  • 最も進んだ企業が使用するブロックを取り入れ、その見識を活用

  • 数千もの顧客の導入ケースを通して開発されたモデリングとアナリティクスのベストプラクティスを手本にすることが可能